« サンニッパだった頃 | トップページ | 幸せなワンちゃん »

2015年5月10日 (日)

ミノルタオートコードを忘れていたがな

Minolta_tlr008blog_2

もう間違いなく、絶対記事に書いていると思いこんでいたのに、実はまだ取り上げていなかった二眼レフ、ミノルタオートコード。
思いこみって恐ろしいですな、こんな名カメラを忘れているなんて完全に片手落ち。というわけで、今回はこのカメラについていろいろと。
日本のカメラ史の中で、二眼レフブームを作ったといっても過言ではない名カメラにリコーフレックスがあります、カメラがまだ高かった頃、庶民にも手が届く低価格と写りの良さで一世を風靡したカメラでしたが、その分作りはチープ、板金ボディーに高級感はないし、操作感も良いとはいえないカメラでした。いろんなところをコストダウンしてあの価格を実現したのだから仕方ないのですが、これもある意味名カメラ。
ミノルタオートコードはその対局にあるカメラで国産二眼レフの最高峰といってもいい作りの良さと写りの良さが評判で、製造終了後惜しむ声にこたえて100台追加再生産したという逸話も残っているぐらい。

L28530blog 鹿児島の歓楽街で遭遇したサイのオブジェ。なんでサイ?という違和感が面白かったのでパチリ。

このカメラの素晴らしさについては、ネットで検索すると良いことばかり出てきますな。以前取り上げたミノルタコードから引き継がれたクランク巻き上げや、通称「腹切り」と呼ばれた左右にスライドさせる振り子式ピントレバーの使いやすさで右手だけで操作できるし、フレネルレンズの入った明るいファインダーはとても見やすい。テイクレンズの上にシャッタースピードと絞りの表示が出るのも使い易いのですが、老眼オジサンにはちょっと字が小さいかなと。
名玉ロッコールレンズは当時ローライを凌ぐという評価をする人も居たようですが、ローライなんて使ったことがないので分かりません、分かりたくもないですが。(笑)
ネットを見ていると、このカメラの粗探しをして、あ~だこ~だと書いている方もいるようですが、逆にいえばそれだけ出来のいいカメラだったということの証なわけで。
使ってみれば分かるのですが、すっと構えてピタリと止まる感じというのでしょうか、なんだかすごく撮り歩くときのリズムがいい。スペック云々より実際に使ったときの操作感といいましょうか、使い勝手の良さでファンを増やしてしまう不思議さ。
で、写りはどうなのかというとこれも裏切らないから、ますますファンになってしまうというある意味イケナイカメラ。

L30218blog 大阪の歓楽街北新地で見つけたビル、ちょとおしゃれな入口がかっこよかったので。

そんなこんなで二眼レフファンには不動の人気機種なので中古価格もチョイトお高め、美品は特にいい値段が付いていますが押さえておきたい一台。
2年ほど前、大阪のいつもの巡回コースの中古カメラ屋さんで超美品を見かけました、どう見てもコレクターの放出品、アクセサリー類もずらりそろっていて、専用のPLフィルターというのを初めて知りました。
こんな上物はそうそうお目にかかれないので、ガラスケースに顔をくっつけて舐め回すように見ておりましたが、お値段がかなり高めだったのと、すでに一台持っていたこともあって、あきらめて他の店を回ったのですが、やっぱり気になって戻ってみるとすでに売れてました。
あの高い値段でも瞬殺で売れてしまったということは血眼になって探している人が世の中にはいるわけで。
そうそう以前このカメラを首から提げてヨドバシのカメラフロアの雑誌コーナーで立ち読みをしていたとき、横に立っていた30代ぐらいの人がジ~っとカメラをにらみつけているので気持ち悪くなって場所を移動したのですが、くっついてくる。
ますます気持ち悪くなったのですが、身なりはちゃんとしているので変な人では無かろうとこちらから「このカメラですか?」と声をかけたところ、どうやらネットオークションでカスを掴んでしまったらしく、中古カメラ屋さんで実物を見て買おうと探しているが良いものが見つからないとのこと。そこにきれいなミノルタオートコードをぶら下げたおじさんが目の前に現れたので、声をかけようか迷いながらくっついてきたらしい。
ま、こういう若い人にフィルムカメラをどんどん使ってもらわないとフィルムも無くなってしまいかねないので、「神戸のお店で見つけたんですョ」と、まだショーウインドーに2台並んでいるのを確認済みのお店を教えてあげましたが、お礼を言うと速攻いなくなったのでたぶんそのお店に突っ走ったのでしょう。2週間ぐらいしてそのお店に行ったところ1台しか無かったので間違いないかと。(笑)
お金に糸目を付けなければ今でもどこでも買えるローライフレックスよりある意味カメラオーラ溢れまくりの珠玉の一台といえるミノルタオートコード、国産二眼レフファンには絶対おすすめの逸品です。

L30215blog 同じく北新地。土佐の寿司屋さんの看板招き猫、夕方だったが明るいファインダーでピント合わせはしやすかった。

|

« サンニッパだった頃 | トップページ | 幸せなワンちゃん »

中判カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/61497647

この記事へのトラックバック一覧です: ミノルタオートコードを忘れていたがな:

« サンニッパだった頃 | トップページ | 幸せなワンちゃん »