« 記事を書くときにしていること | トップページ | めがね屋さんが役に立たなかった件 »

2015年4月21日 (火)

お値段以上、ニタリ。

中古カメラ屋さんで安いジャンクカメラを買って、それが思いのほか調子がよかったり、写りがよかったり、特に修理の必要もなかったりすると自分のラッキーさにニタリとしてしまいますな。
そういうカメラはなんだかかわいい。しばらくの間、おもちゃを買ってもらった子供のようにそのカメラばかり使ってしまいます。
ジャンクカメラ探しの醍醐味というのは値段もありますが、お持ち帰りして子細に眺めると予想よりいいコンディションだったときの喜びといいますか、大したことがない故障で、簡単な修理でよみがえってしまった時の嬉しさでしょうか。
修理命のジャンクカメラファンの方には物足りないブツなのでしょうが、私にはこのぐらいがちょうどいいのです。
もっと修理のスキルがあったとすれば、難物カメラに手を出してしまって撮る方がおろそかになりそうなのでね、そうなると本末転倒、修理だけで力尽きるわけにはいきません、カメラは写真を撮ってナンボの道具ですから。
どうしても使ってみたい、何としてもこのカメラ、レンズで写真を撮りたいというような場合は、キチンと修理屋さんに出して完璧に直してもらうのが筋だと思います。
どんなに上手に直せても素人修理はあくまでもお遊び、お金を頂くプロの仕事とは全く別物ですから。
今までいろいろな中古カメラ屋さんで見つけて、お値段以上だったカメラでも、特に気に入っている何台かはプロの修理屋さんにオーバーホールに出しました。
お手頃価格で見つけたのに何でわざわざお金をかけて直すのかというと、そればズバリ長く使いたいから。
修理ができたのを受け取ったときに触ってみれば分かりますね、新品じゃないのというぐらい各部の動きがスムーズ、ガンガン使える安心感、修理代を考えると、思った以上にいい仕事をしてくれているなと思うわけです。持ち帰ってテスト用フィルムを入れてシャッターを切りながら、お値段以上に思わずニタリ。

_mg_3135blog
35ミリフィルムでましかく写真が撮れるマミヤスケッチ。ボロボロの貼革を貼替えて、36枚撮りフィルムが使えるように改造までは自分でやりましたが、シャッターが不調になった時はスグにプロの修理屋さんに直行しました。自分のスキルを考えて出来ないことはやらないのも勇気だと思います。カメラを壊してしまってからでは取り返しがつきませんからね。

|

« 記事を書くときにしていること | トップページ | めがね屋さんが役に立たなかった件 »

写真とカメラ、あれこれ」カテゴリの記事

コメント

よもかめ亭主さんこんばんは。
うちに来たマミヤスケッチもお値段以上のフルチューンで
元気に活躍中です。シャキシャキのピカピカですよー。
よもかめ亭主さんの写真見たら、皮の貼り替えしたくなりました。
先日ヨドバシで皮を見たんですよね。
あまり種類がなくて買わなかったんですけど。
マミヤスケッチには本当に気に入ったものしか貼りたくないですし。
本気で探して、やってみようかな、と思いました。

投稿: Myrrh | 2015年4月21日 (火) 22時25分

Myrrh様、今晩は。
家内がクラフト系の仕事をしているので、革材料はいっぱいあるのですよ。その中から選びました。何しろ買ったときすでに貼革ボロボロ、触るとポロポロ剥がれる始末だったのでやむなくという感じですが、自分では気に入っています。やってみると以外と簡単でしたよ。

投稿: よもかめ亭主 | 2015年4月24日 (金) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/61355300

この記事へのトラックバック一覧です: お値段以上、ニタリ。:

« 記事を書くときにしていること | トップページ | めがね屋さんが役に立たなかった件 »