« 立ち飲みの聖地、赤松酒店 | トップページ | Yosemite速攻インストールの巻 »

2014年10月18日 (土)

印象薄いヤシカのカメラ

ヤシカといえば大衆向けの低価格なカメラをこれでもかと次々出していたメーカーという印象がある。
輸出にも力を入れていたようで、日本製カメラでニコンよりもブランド認知度が高かった時代もあったそうだ。
そういえば今でも台湾だったかのデジカメメーカーがヤシカブランドでカメラを販売しているのを雑貨屋さんのトイデジカメコーナーで見たことがある。
持っているのは35ミリコンパクトのYASHICA35-MEとハーフサイズのYashica Mimy-S。
どちらも中古カメラ屋さんのジャンクコーナーから救出してきたもの。
とりあえずシャッターは動いていたしレンズもそこそこきれいだったのでササッと清掃して試写、写りがよければ真剣に分解修理をしようと思っていたのだが、その写り具合がもう一つ。
好みの問題もあるのだが、シャープというわけでもなく、色乗りがいいという感じもなく、そこそこ写るのだが、なんだか全体に印象が薄いというか「おっええ感じやん」というのが全くない。
「まっこんなもんかな~」な、何とも煮え切らない写り具合に真剣に直す気持ちが萎えてしまって、そのまま棚に飾ったまま。
いつかは直すかと思いながら数年ほったらかしの可哀想なヤツなのだが、こればかりはどうにもならない。
古いカメラとの出会いは、最初のインパクトが大切だと思う、特に写り具合に関して。全く期待していなかったのに抜群の写りだったりすると、急に可愛くなってしまって防湿庫のセンターに鎮座していただくことになるが、その反対だと収納ボックスに部品取り用カメラと一緒に入れられて棚の一番下に遠島申しつける状態。
そのまま忘れられて、年末の大掃除で発掘「あれ?こんなカメラ持ってたっけ」と何ともひどい扱いである。
カメラに何の罪もないのだけれど、こんな人の所に連れてこられたのが不幸の始まり。
結局ヤシカのカメラはそれっきり使っていない。

120707_08b_mimysblog
ライトルームで結構いじってみたが、やはりパッとしない。

|

« 立ち飲みの聖地、赤松酒店 | トップページ | Yosemite速攻インストールの巻 »

写真とカメラ、あれこれ」カテゴリの記事

コメント

私はヤシカは1機種のみ所有。
エレクトロ35MCという極小サイズのカメラです。
距離計はなく、目測でのピント合わせですが、レンズはなかなか良い。
ブランドもあるかも知れないけれど、結局は機種によるのではないでしょうか。

投稿: Shinmatsu | 2014年10月18日 (土) 23時02分

Shinmatsu様、おはようございます。
ヤシカ35MEは悪くはないのでしょうが、大きさもデザインもよく似ているコニカC35のほうがシャープな写りで印象がよかったのでヤシカには残念な結果になってしまいました。カールツァイスとの提携とか技術力のあった会社なので嫌いなわけではないです。もっと幅広く使ってみないといけませんね。

投稿: よもかめ亭主 | 2014年10月19日 (日) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/60419403

この記事へのトラックバック一覧です: 印象薄いヤシカのカメラ:

« 立ち飲みの聖地、赤松酒店 | トップページ | Yosemite速攻インストールの巻 »