« 実は、アンティック好き | トップページ | アップルのデザインに思う »

2014年8月17日 (日)

針穴写真のココロだ!

いつも巡回している「デジカメWatch」というニュースサイトに小学生の女の子向け雑誌「なかよし9月号」にピンホールカメラが付録でついてくるという記事が出ていた。http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/item/20140812_661474.html
いわゆる本誌記者突撃レポート系記事なのだが、これを見て、以前撮ったピンホール写真のことを思い出した。
おじさんにはピンホール写真より針穴写真と言うほうがなんだかしっくりくるのですけどね。
使用機材と言えば大げさなのだが、神戸元町にある写真好きが集う喫茶店「フォトカフェ」さんオリジナルのピンホール(針穴)写真用レンズキャップEOS用。
どういうものかというと一眼レフのボディーキャップを改造して、ど真ん中にピンホールを作ったもの。焦点距離は約43ミリ、絞りF200相当、これを貸していただいたのである。
ピンホール写真は初体験ということもあって、ちゃんと写るのかどうかもよくわからないままとりあえずチャレンジしてみたわけです。
写真の性質上、本来ならきちんと三脚を立てて撮影するのがいいのだろうが、使用カメラがEOS 5D MarkIIという事で、感度をISO6400まで上げて手持ちで撮り歩いてみた。
パッと見た目レンズキャップをしたままのカメラボディーのみを構えているので、撮っている姿はちょっとマヌケ、人通りのある場所だと「あの人、レンズの付いてへんカメラで写真撮ってはるわ」とアタマのおかしい人と思われるかもしれないと、人通りのない路地を撮り歩いてみた。
ファインダーは真っ暗でほとんど役に立たないのでフレーミングは勘である。
いざ撮ってみると明るいところであれば1/10秒ぐらいのシャッターが切れるので以外に手持ちでもOKだった。
撮れた写真は以下の通り、いきなりやってみてこれぐらい写るのだからこれは結構面白い。
う~ん「なかよし9月号」買いに行こうかな。

Pinholl014blog

|

« 実は、アンティック好き | トップページ | アップルのデザインに思う »

撮影とカメラ、お役立ち」カテゴリの記事

コメント

以前レスで書かせてもらったトイカメラがちょうど
こんな感じに写ります。
色もまさにこんなです、デジタル版ピンホールカメラでしょうか?いいオヤジがあのカメラで写真撮ってる姿、この記事と通ずる部分が……

持っているのはこの2台、どちらも貰い物、恰好が違うけど中身は同じ、サンプル写真はデキスギ君ですね。

http://www.green-house.co.jp/products/life/toy/digitaltoy/gh-tcam30c/

http://www.green-house.co.jp/products/life/toy/digitaltoy/gh-tcam30p/

投稿: よこ | 2014年8月17日 (日) 08時39分

リンク先見ました。30万画素ってちゃんと表記してあるのがイイですね。(笑)撮れる写真も想像できないぐらい低スペックなのがかえって新鮮なのかも。
作例写真はキレイすぎて作例の意味ないですよね。後でPhotoshopとかで手直ししまくってるのでしょうか。

投稿: よもかめ亭主 | 2014年8月17日 (日) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/60159661

この記事へのトラックバック一覧です: 針穴写真のココロだ!:

« 実は、アンティック好き | トップページ | アップルのデザインに思う »