« 街で見つけたビリケンさん | トップページ | ipadをライトテーブルに »

2014年3月27日 (木)

尾道ラーメン、ハズレだらけ

L07563_35fullblog

定期的に書きたくなるラーメンネタを。
広島県の尾道という街が大好きで、若かりしころは、休みになると始発電車に乗ってしょっちゅう出かけていた。
山と海に挟まれた横長の町並みが神戸と似ていると感じたのも好きになったきっかけだと思う。実際は尾道の方が坂道は急勾配なのだが。
尾道にせよ、長崎にせよ、神戸と同じ坂の街は大好きである。少し登って振り返るたびに景色が変わるのが坂の街のいいところだと思っている。
そんな尾道に出かけて、写真を撮りながら街歩きの後は、尾道ラーメンを食べるのが楽しみだった。
魚介ベースの醤油味のスープに豚の背脂が浮かぶ平打ち麺のラーメンである。朱華園(今は人気の行列店なのだそうだ)のものが有名であるが、ほかにも何軒かあってどれもうまかった。
尾道には永らく行ってないが、尾道ラーメンは今でも時々食べたくなるので関西で尾道ラーメンの看板を掲げている店に出くわすと入ってみるが、たいてい似ても似つかぬものでがっかりする。
伝言ゲームというのがあって、物事を人から人へ伝えていく内にどんどん内容がおかしくなって、最後は全く違うものになってしまうというのがあるが、尾道から関西に来るまでにどこかで時空がねじ曲がって別物になるのではないかと疑いたくなるぐらいおかしなラーメンのオンパレード。
古い話だが、大阪に一軒だけ尾道からスープも麺も持ってきてやっているラーメン屋があった。そこは唯一尾道の味だったのだが、経営者が変わったのか外国人を使うようになって違う店になってその後消えてしまった。
今時はスーパーのチルドコーナーに行くと日本国中のご当地ラーメンが買える、その中に尾道ラーメンもあるが、所詮大手メーカーのものなので「何となく似ている気がしないでもないかも?」な、ラーメンなのに何とも「煮え切らない感」があるラーメンばかりである。
今までで旨かったのは、物産展で買ったラーメン。
地元の小さなメーカーが作っているものだったが、元々地元で消費されることが前提のラーメンなのでブレてなかったのである。物産展はノーマークだった。地元メーカー恐るべし、要チェックである。

|

« 街で見つけたビリケンさん | トップページ | ipadをライトテーブルに »

食べる、飲む」カテゴリの記事

コメント

こちらでは喜多方ラーメンがそんな感じで、行列のできる店でも?マーク、ここは蔵の街で撮影ポイントも多いのでしょうが、人が多すぎます。
私の近所では燕三条系の濃い口醤油、煮干し出汁
、背油太麺のラーメンと三条カレーラーメンがあり、ご当地食イベントには必ず出店しています。
今年で4回目を迎える「国際ご当地グルメグランプリ」、今年は弥彦温泉で開催、毎年楽しみにしているイベントです。

投稿: よこ | 2014年3月27日 (木) 10時41分

よこ様、おはようございます。
燕三条系ラーメンの知識が全くなかったのでウィキペディアで調べました、魚介系出汁の濃い口醤油味に背脂までは尾道ラーメンも同じ系列です、麺がストレートの平打ち麺なのが違うところでしょうか。
三条カレーラーメンがご当地グルメとして確立されているのも初めて知りました。写真で見るとかなりそそるラーメンですね。

投稿: よもかめ亭主 | 2014年3月30日 (日) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/59219704

この記事へのトラックバック一覧です: 尾道ラーメン、ハズレだらけ:

« 街で見つけたビリケンさん | トップページ | ipadをライトテーブルに »