« 写真展で説教して帰った人 | トップページ | 老眼と海 »

2014年1月 5日 (日)

面白がる事が写真のはじまり

130323_28auto_half_zfblog 楽器屋さんの窓際でバイオリンを持つ人(マネキン)。RICOH AUTO HALF ゾーンフォーカス

写真においての作品主義だとか芸術性などというものに、なんの興味もない私にとって、写真とはなんぞや?と聞かれれば、それは「記録」としか答えようがない。
実際には単純に「記録」だけではないのだが、もう少し言葉を足すとするならば「自分自身の興味の記録」という事になる。
具体的にいえば街への興味であり、その中の様々なもの、ショーウインドーのマネキンや、看板、並べられた植木鉢、捨てられたものや、壁面のデテールなど挙げていったらきりがないが、それら街の全て。
それと日射し。強い日射しが当たって、くっきりと街を浮かび上がらせているその光と影の部分には特にそそられるものがあるのだ。

131101_015_grdblog まだ出勤前の串かつ屋の大将(マネキン)。RICOH GRDⅢ

街を歩き回り、自分が見た全てのものをファインダーで確認し、写真にして持って帰ってくる作業が私の写真行為なので、美しく撮ろうだとか、人様に感動を与えようだとか思った事がない。
あくまでも自分が面白がっている事が最優先の写真なのである。撮影技法うんぬん、構図うんぬんよりも面白がり方の方がよほど写真にとって重要だと思っている。
だから面白いと感じない時は、撮らない。撮ってもそれは面白がり方が後で見ても写真から反射してこないのでボツになるだけだからだ。

131101_046_grdblog たこもねぎも天かすも倍返しのたこ焼き屋さん。RICOH GRDⅢ

なぜそのような事を書く気になったかというと、最近立て続けに森山大道氏の「写真との対話」、荒木経惟氏の「東京は秋」、大島洋氏の「アジェのパリ」、武田花さんの「煙突やニワトリ」を読み返して、写真へのスタンスについていろいろ考えてしまったからである。
この四冊の本はいずれも写真家が書いている、評論家が論じたものでなく、写真を撮る人が書いたというところに、説得力や共感を感じるのである。
若かりし頃、写真展をやった時に、写真とはこうあるべきと、散々説教をして帰ったアマチュアカメラマンのことを先日書いた。
この人にとって写真とはなんなのだろうと、ふと思った。
写真クラブやコンテストで及第点をもらうための写真が全てなのだろうし、そういう写真しか知らないのだろう。そしてきっとそういう写真を撮っている自分自身が好きなのだと思う。
褒められる作品づくりの技術はあるだろうが、自分自身が面白がって目の前の景色を見ていないのでは何も写らないと思うのだが。
結局のところ、その人の「面白がり方」がなければ撮った写真も面白くはないという事だ。

131101_060_grdblog ガラス越しに、こちらをじっと見る人。RICOH GRDⅢ

|

« 写真展で説教して帰った人 | トップページ | 老眼と海 »

写真とカメラ、あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/58856875

この記事へのトラックバック一覧です: 面白がる事が写真のはじまり:

« 写真展で説教して帰った人 | トップページ | 老眼と海 »