« 写真の力 | トップページ | キャップは無くてもフードがあるさ »

2013年5月10日 (金)

姫路クラフト・アートフェア

20135月11、12日の土日、13th 姫路クラフト・アートフェアなる催しがが開催されるそうだ。
場所は姫路城の裏側の姫路シロトピア公園、テント仕立てのブースに陶芸、木工、ガラス、染、織、服飾、金工、皮革等々が展示即売される催しらしい。
いろいろなジャンルの作家が作ったものを売るのがクラフトフェアでいわゆるフリーマーケットとは全く違うもののようだ。
ホームページのキャッチコピーによると
5月の心地よい空の下、のんびり、ゆったりと、個性豊かなクラフト・アート作家との交流を通し手仕事の温かみにふれられるイベントです。144組の作家による展示販売やワークショップコーナー、地元の味を楽しめる食のコーナーなどもあります。ぜひ、あなたのお気に入りを見つけにきてください。とある。
実はこのような催しがあるというのも知らなかったのだが、今回家人が出品するので手伝いがてら見に行ってみようと思っている。
ついでに姫路の街をぶらぶら、カメラ片手に撮り歩いて新生軒でラーメン食べて、立ち飲みで一杯飲んで、ハトヤで蒲鉾買って…
えっ手伝い? あ、忘れてました。
クラフト作品に興味のある方はぜひどうぞ。ホームページはコチラhttp://himejicraft.jpn.org/index.html

L19053blog 2005年に姫路で撮影した看板。国民服、将校服が山本式特許仕立法でスーツにリメイクできるという内容がかなり強引だがクラフト的かなと思った次第。しかし平成の世の中にこの看板がまだ残っているというのがまさに驚異ではある。

|

« 写真の力 | トップページ | キャップは無くてもフードがあるさ »

よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/57334790

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路クラフト・アートフェア:

« 写真の力 | トップページ | キャップは無くてもフードがあるさ »