« 国産カメラ好き | トップページ | 街をカメラでウォッチング »

2013年3月 2日 (土)

デジカメ新製品ラッシュ

去年の秋から今年にかけてデジタルカメラは怒涛の新製品ラッシュであった。とてもじゃないが覚えられないほどの新製品にすっかり引いてしまったのである。
いくらカメラ好きでもこんなに全部覚えられん、型番が頭に入ってこん。
これだけ新製品が一気にでるということは、逆に言えばそれらがモデルチェンジする時期に同じだけの新製品がまたどっさりと出るということだ。半年や一年サイクルで次々に新製品が出るデジタルカメラの値打ちっていったい何なのだろうか。逆に買い控えてしまう気がするのだが。
ファームウエアのアップデートで、最新機種と同等の機能にできるものもあるようだが、もっと根本的なところが違うような気がする。
たくさんの機種の中から、当然淘汰されて無くなっていくものもあるだろうし、全部が全部モデルチェンジするわけではないだろうが、この製品サイクル、何かおかしいと思うのは私だけではあるまい。
結局のところ量販店のカメラ売り場をうろうろして、散々あれやこれやと触りたおした挙句、何だか気持ちがさめてしまってカタログだけ貰ってくるというありさま。
バカみたいな高画素数も要らないし、フラッシュも要らない、ムービー撮影機能も要らない、余計なお世話のシーンモードとやらも要らない、結果の予測できないアートフィルターだのの特殊効果も要らない、スマートフォンのカメラアプリでできることは何にも要らないから、ISO感度ダイヤルとシャッターダイヤルと絞りダイヤルの三つだけ付いた、フィルムカメラと同じように写真が撮れるデジタルカメラを、どこか出してくれませんかね。
上の写真はペトリカラー35、45年前のコンパクトカメラである。上面にシャッターと絞りのダイヤル、レンズ鏡胴に感度ダイヤル、シャッターダイヤルのまん中がシャッターボタン。シンプルで分かりやすい配置。

|

« 国産カメラ好き | トップページ | 街をカメラでウォッチング »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/56879792

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ新製品ラッシュ:

« 国産カメラ好き | トップページ | 街をカメラでウォッチング »