« ハーフサイズはデジカメ感覚 | トップページ | 記憶の中のオリンパスペン »

2013年3月24日 (日)

クラシック&中古カメラ掘り出し市

_0011227blog_2
心斎橋の大丸北館14階イベントホールで催されているクラシック&中古カメラ掘り出し市へ行ってきた。ワンフロアで中古カメラを一気に見て回れるのが楽しみで、ほぼ毎回出かけている。
催事場では、なかなかお目にかかれないカメラやアクセサリー類がズラリ並んでいるはずだったのだが…、なんだか低調。
お客の入りはやや少な目の感じで、回を重ねるごとにその傾向が強い印象がある。
とりあえずジャンクワゴンを一通り回るが目に留まるようなものが全然無く、これは空振り。
書籍やパンフレット、カタログ類も出品されているが安くもなく、ライカ本が目に付きそそるものがない。
その後各店舗のショーウインドーをじっくり吟味して歩くが、私のような国産で高級機種以外に興味があるものにとって見るべきものがあまり無い催しだった。
「今回はライカA型からM5が充実!」と案内はがきにも謳っていたのでライカが多いのは分かるし、そのためあまり期待もしてなかったが、それにしても各店ライカに偏りすぎて魅力無さ過ぎ。
長年中古カメラを扱ってきたお店なら、星の数ほどあるカメラの中から魅力的な機種を展示できるはずなのに…。
尻つぼまりになっているフィルムカメラの面白さをもっと広めることが出来るような展示や品揃えはいくらでも考え付きそうなのだが。
今回はホント、バラエティー感が無かった、あんなに短い時間で会場を後にしたのは始めてである、開催は26日(火)午後6時まで、ライカがお好きな方はドーゾ。

|

« ハーフサイズはデジカメ感覚 | トップページ | 記憶の中のオリンパスペン »

写真あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/57021181

この記事へのトラックバック一覧です: クラシック&中古カメラ掘り出し市:

« ハーフサイズはデジカメ感覚 | トップページ | 記憶の中のオリンパスペン »