2020年4月 9日 (木)

このご時世、今年の花見は隠れ穴場スポットで。

_t302382_blog

新型コロナウイルスのおかげで、世の中エライ事になっておりますけど、そんな騒ぎはお構いなしに桜は今年もちゃんと咲いたわけで。
ただ事情が事情だけに、桜の名所ではお花見は自粛や禁止になってましたな。桜祭りなどのイベントは軒並みアウト、屋台も出てなければ宴会も禁止って看板が出てたりしてました。ただ通り抜けるだけならOK、ただしグループはダメって所もあったみたい、有名な桜の名所は人出も半端じゃないですからね。桜は来年も咲くわけですから、今年は我慢してねって事かと。
で、こんなご時世に我が家はお花見をしてしまいました。何だか悪い事してるみたいな書き方ですけどね。(笑)出かけたのはすぐ近所、歩いて数分の団地の中にある公園。
団地が建った時に植えられたのだと思いますけどね、何ヶ所かある小さな公園以外にも、駐車場や通り道にもピンポイントで植えられていて今は立派な大木になってます。しかも団地に住んでる方以外にはほとんど知られてない場所。表のバス道からも見えない、隠れお花見スポットなのですな。
団地の方は窓からお花見できますから、わざわざ公園に出てこないのだと思いますけどね、おかげで人もほとんどいません。手入れされてないのか、草ボウボウでベンチが埋もれてましたな。(笑)
こじんまりとした空き地って感じ、その周りを桜が囲むように植えられているので、どこを向いても強制的にお花見モードになるという。真ん中に寝転がって魚眼レンズを上に向けて撮ったら面白いかもしれませんな。
で、家内と近くのお惣菜屋さんでお昼ご飯買ってお出かけ、お弁当食べてる年配のご夫婦と、ひとりで日向ぼっこしているおばあちゃんだけという、密集も密接も密閉もない風通しの良いオープンスペースで、コロナウイルスも桜の花びらと一緒に飛んで行っちゃってると思いました。(笑)
快晴で風もほとんど無く、暖かいを通り越して暑いぐらいの日差しの中、買ってきた串カツなんぞを頬張りながら、時々写真を撮ったりしてのんびり2時間ほどのミニマムなお花見を楽しみましたよ。今年の桜は咲き方にムラがあるようで、まだ蕾だらけの木もあれば、すでに散り出しているのもあってバラエティー感はありましたな。
快晴の青空と桜の色を生かそうと、フィルムシミュレーションはVelviaに設定して、PLフィルターでさらに色を強調して撮ってみました。我が家のお花見の最中にやってきたのは家族連れが2組だけという、閑散といいますか穴場といいますか、そんな場所でコロナ対策をしつつプチお花見、近場の公園ってある意味知られざる名所かと。(笑)

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

出会いは色々ありますが…(笑)

百人一首の中の「瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の われても末にあはむとぞ思う」という歌が重要な役割をする、詠人の名が題名の「崇徳院」という落語があります。
オジサン、桂枝雀さんのが好きなのですけど、あらすじは庄屋の若旦那が、茶店で美しいお嬢さんと出会ってしまった事がきっかけで恋わずらい、寝込んでしまうという。そのお嬢さんを探し出せって事で、呼ばれた若旦那の幼なじみで、出入りの熊五郎さんが、町中を探し回って悪戦苦闘のドタバタを繰り広げるという噺。
結婚相手は家柄に合わせて、親が決める時代のお話ですから、若旦那にとっては運命の出会いだったのでしょうな。(笑)古い話ですけどオジサンの場合、家内との出会いは、あの日あの場所に居なかったら、すれ違っていたわけで、これも一つの運命だったのかと。それが良かったかどうかは分かりませんけどね。(笑)
若い頃の話ですけど、友人と某私鉄の大阪梅田駅で待ち合わせをしていたのですな。コンコースの外れにあったベンチに座って待っていたら、隣におしゃれな身なりの紳士が座ってきました。他にも空いているにもかかわらず、すぐ横に座ってきたのですな。
で、しばらくするといきなり「一人なの?」って手を握ってきました。ビックリして弾かれるようにダッシュして逃げた事は言うまでもありません。待ち合わせにやってきた友人にその事を言うと、「お前アホやな、あそこ有名なゲイスポットやで」って笑われました。
どうやらその筋には有名な、同好の人たちが密かに集まる場所だったのですな。「知ってんやったら、先に教えといてくれんかいっ」って文句垂れまくりましたよ。その日一日片方の腕はサブイボ、あ、サブイボって鳥肌の事ね、関西人は寒くて出るイボだからサブイボって言います。オジサン、そっち方面には全く興味はありませんからね。(笑)

L15087_blog

どうやらそういう方々って、同好の士は雰囲気で分かるらしいですな。で、出会いを求めて集まる場所を「ハッテン場(発展場)」と呼ぶそうで、試しに検索してみたらいっぱい出てきました。そんな所に知らずに居たのですから、そりゃヤバイですよ、思い出しただけでサブイボ。(笑)
そういえば地元にも有名な場所がありました、ホモ海岸なんて呼ばれてる塩屋海岸。須磨海水浴場のすぐ西の海岸で、なぜか釣り人は見かけないのに、ふんどしやビキニパンツの男の人が寝転がって焼いてるのを見た事が何度もあります、電車から丸見えなのよ。(笑)
一体何の話をしていたのでしたっけ、ああ出会いでしたな。この歳になりますと、美しい出会いなんてのはもう無くなって、病気やケガとの出会いだとか、ロクでもない物との出会いが増えますけどね、美しいカメラとはまだまだ出会いたいですなぁ。使いこなせないかもしれませんけど、ご一緒したい。こればっかりは死ぬまで出会い続けたいですな。(笑)

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

富士フィルムさんのX100Vってレンズがアレなのよな。

X100v_nr_blog

2月に富士フィルムさんからX100Vが発表になって、いいなぁって思ったのですけどね、お値段もいいなぁ、店頭予想価格16万4,500円前後だって。
実売価格はもう少し下がるでしょうけど、これを書いてる時点で、価格comで調べてみると、15万円前半、まだまだこなれた値段とは言えませんな。全く手が出ないのは大前提で、もしも買ったらこんなふうに使ってやろうなんて、頭の中でシミュレーションしているのが楽しいわけで、大人のエアX100Vごっこ。(笑)
ジャンルとしては、高級コンパクトデジカメになるのでしょうけど、そんなにコンパクトなわけでもない。リコーのGRⅢのように胸のポケットに収まる飛び道具的なスタンスとは違います、どちらかというと、フィルム時代のレンジファインダーカメラをそのまま小型にしたような感じとでも言いましょうか。

Fujica35_001_blog

オジサンは以前持ってたFujica35-SE(上の写真、1959年発売、奥がF1.9手前がF2.8レンズ付き)のような、あの頃の富士フィルムさんの35ミリレンジファインダーカメラと通じるものを感じました、それを手の中に収まるぐらいにギュッと小型化したみたいな。デザインがクラシックテイストなので、新しいけど懐かしいような雰囲気がありますな。
先代のX100Fもカッコ良くてきれいなカメラだなと思ったのですけど、X100Vはさらに洗練されてます。トップカバーのエッジの処理なんて実に美しいですからね、それだけで欲しくなりましたよ。撫で回して指紋だらけにしてみたい。(笑)
富士フィルムさんってデジタルでも、持ち物としてそそるカメラを作るのが上手いですなぁ。オジサンX-T30のダイヤルカチカチしているだけで癒されますからね、ストレスだらけのオジサンの休日のカメラセラピー。撫で回したり、いじくり回してるだけでバッテリーが無くなっちゃうのは困り物ですけど。(笑)
で、見た目が美人なX100V、レンズは固定で交換はできないのですけど、このレンズが23mm F2(35ミリ換算35ミリ)。オジサンが富士フィルムさんのミラーレス一眼を使い出してから揃えていった、単焦点レンズの中で、一番気に入って出場率の高いXF23mm F2 R WRと焦点距離と絞り値が同じという悩ましさ、しかもレンズは新設計。
パンケーキタイプと言ってもいいぐらいの出っ張りの少なさもあって、X100Vがあればオジサンの写真ライフはもっと豊かになるのではなかろうかって、ついつい考えてしまうわけで。新型コロナウイルスの影響もあって、外出を控えてお家にこもっていると、カタログ見ながらロクな事を考えませんな。(笑)

| | コメント (3)

2020年4月 4日 (土)

体一つ、カメラ3台、レンズ28本だけど楽しいわけ。(笑)

_t200498_blog

最近、単焦点もズームも含めて純正レンズの出番が少なくなってます。オールドレンズ、特にテナックスⅡのレンズが一番の持ち出し率になってしまって、純正レンズは自宅待機、新型コロナウイルス対策で防湿庫に隔離しているのではありませんよ。(笑)
ミラーレス一眼を使っていて、一番楽しいと思ったのは、たくさんあるオールドレンズを使えるところ。レンズの改造にも手を出してしまって、数えてみたら28本ありました。当然ながら全部満遍なく使えておりません。こうなるのは分かっていたのですけどね。(笑)
思えばクラシックカメラに目覚めた時も同じ事をやらかしてましたな。次から次へとカメラを探し出してきてはお持ち帰り、気が付けばとても使いきれない量のカメラが、防湿庫からも溢れかえって部屋中を占拠してましたからね。
山のように持っていてもよく使うのは少数派、気に入ったカメラだけが一軍登録されて防湿庫入りしてました。それ以外のカメラは全然使ってなかったり、たまに思い出したように持ち出すぐらい、試し撮りしてみて、気に入らなかったカメラやコンディションが悪かったカメラは、2軍3軍落ちで本棚の飾りに降格、満遍なく使うなんて全く不可能な量を持ってるとこういう事態になるわけで。
カメラは使ってやってナンボの世界、使われずに並ぶカメラはただの烏合の衆、そんなに沢山持ち帰ってしまったオジサンは、写真を撮る人じゃなくて頭おかしいコレクターでしたな。(笑)って、今レンズが同じ笑えない状況に陥っています。オジサン学習能力ゼロの人。
物がレンズだけに防カビ対策もあって、防湿庫にダイソーの積み重ねボックスに入れて並べてますけど、見ようによっては中古カメラ屋さんのレンズコーナーさながら。値札付けて並べたら、まんま中古カメラ屋さん。いっぱいあるなぁって自分でも感心してしまいました。で、当然ながら使いきれてないという。
体は一つ、カメラボディーは3台、それに対してレンズは28本、高齢者と若者の比率がおかしくなってるどこかの国の人口分布みたいな有様なのですけどね、ボディー1台で9.3本のレンズの面倒を見ないといけないという、その前に9本なんて持ち出せませんし、取っ替え引っ替えなんてやってられない。(笑)
ただ、カメラが溢れかえってた時と違うのは、レンズはマウントさえ合えばどんなボディーでも使えるってところ。メーカーが変わってもミラーレス機ならマウントアダプターを調達すれば楽しむ事ができますからね、コレクションじゃなくて資産ですよ資産。
いくら増えてもカメラの時のような「使ってやれなくてゴメンネ」という罪悪感がありませんなって、ドヤ顔で威張るところじゃないですな、ちゃんと使ってやります。
まだきっと増えると思われれるレンズの森、「これぐらいにしとったろ」って日はいつ来るのでしょうか。(笑)

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

撮ってる時のテンションはあの頃と同じ。

L38666_blog

だんだん動くのが億劫になってます、家内にお出かけ誘われても「別の日にして」って逃げてますからね。(笑)だけど写真を撮るために出かけるのは全然OK、長年撮っててもいまだに飽きることはありませんな、むしろ楽しくなってます。
きっとこの先も、一生こんなふうにカメラ提げて出かけるのだろうなと思ってますよ。ただ歩くのがちょっと難ありなので、一日中歩き回るなんてのはもう絶対無理、ピンポイントで当たりを付けた場所を細かく歩き回る街歩きに変わってきましたな。
ゆっくり歩いて、じっくり観察して、立ち止まっては構図を考えて撮るの繰り返し、若い頃のようなスタスタ歩いてパシャパシャ撮るのとは正反対の撮り方になってますけどね、かえってじっくり観察するので発見も多かったりします。なので撮ってる量は変わらないどころか、むしろ増えてますな、写真の整理が全然追いついてませんよ。(笑)

_t200146_blog

小型軽量のカメラばかりにして、装備が軽量コンパクトになったのも、楽しさが長続きしている要因かと、歩き回れる範囲や調子に合わせて、最小限の機材しか持ち出さないようにしていますからね。もしもに備えて、あれもこれもって持って出ても使わないどころかただのお荷物、吟味して最小限の持ち出しが、かえって考えて工夫して撮るので充実感がありますよ。
で、うろうろしながら撮ってる最中のテンションって、今も若い頃と全然変わってないのに気が付きました、スタスタがヨロヨロに変わっただけ。街を徘徊して気になったものや面白そうなものを撮っているので、あの角を曲がったら何かあるかもって思いながら歩き回っている時の高揚感と言いますか、ワクワク感は全く変わってませんよ。
何度うろついても、人が作った街のたたずまいって面白いと思いますからね。渋い店構えだったり、マヌケな看板だったり、訳の分からない置物に遭遇すると、縦位置で撮って横位置で撮って、少し離れたり近づいたりしながら同じ場所で納得するまで何枚も撮るというのも変わりなく同じスタンス。

L37188_blog

フィルム一眼レフがメインだった頃は、レンズを交換するぐらいでしたけど、X-T30を使っているとそれ以外にフィルムシミュレーションを変えたり、縦横比を1:1のましかくで撮ったり、ダイナミックレンジを変えたりしながら撮るので量が増えるのは当然ですな。同じ場所であ〜だこ〜だといつまでも撮ってるオジサンはただの不審者。(笑)
だけど通行人の視線なんて全然平気なのも変わらず同じ。人の流れが途切れるまでずっと待ってます。「今日はこのぐらいにしとったろ」って思うまで撮り続けたら本日終了。若い頃はその後喫茶店によく行きました、今はお酒飲んじゃうのが唯一変わったところです。(笑)

L38937_blog

| | コメント (4)

«もぉ〜って言っても、どうにもならない。