2019年4月23日 (火)

ブログの記事書き環境、最近はコレ。

_mg_1234_blog


キングジムさんのポメラシリーズ、ワープロと電子辞書が一つになった、純粋に文字入力だけの電子ガジェット。オジサンがずっと使い続けてきたのはポメラDM100。すでに後継機が2機種発売されているので生産は終了しています。
ポメラって他に競合するような商品が無いので、結構強気なお値段なところがオジサンには手が出ないのですな。良くなっているのは分かるのですけど、今のでもオジサンのブログなら十分書けますしね。(笑)
で、持ってるポメラDM100は2台、1台は初期の物なのでバックアップ電池の点滅という病気を抱えてます。おまけに使い過ぎたのか、SDカードを全く読まなくなってお蔵入り。買い増ししたもう一台を使っていたのですけど、登録辞書が消えるという症状で、毎回辞書ファイルを登録し直さないと変換がおバカなままだという、コレはっきり言ってストレス。
さらにWi-Fi機能付きSDカードを使うとEvernoteにアップできていたのが、ある日突然できなくなってそれっきり。認証方法が変わったからなのか、理由は分からないのですけど、仕方なくUSBケーブルで転送、毎回パソコンを起動しないといけないのが面倒プラス抜き挿しし過ぎてUSB端子が緩くなってます。このまま行けば確実に壊れるでしょうな。
で、どうしたものかと考えて、iPadやipod touchを使えないかと、昨年暮れに買ってみたのがiCleverのIC-BK03というBluetooth接続の折りたたみモバイルキーボード。長年のポメラ使いが染み付いているので、最初のうちは違和感があったりしましたな。なのでポメラか、iPadとキーボードの組み合わせかを、週替わりで持ち出してみて、使い勝手を比べてみたのですけどね、だんだんポメラのお留守番率が高くなって、ここ2ヶ月ほど全く使ってないという結果に。
これはひとえにキーボードの使い勝手が良かったからではないかと。クセはありますけどオジサンすぐに慣れました。パカっと開けるとiPadとほぼ瞬時に接続済みになるので、Evernoteですぐに記事が書けます。ポメラも開けると、すぐに使えて良いのですけど、それに劣りませんな。変換はiPadの方が、はるかに賢いのでストレス無しですし、大きな画面で見渡せるのも良いところ。
国語辞典や類語辞典などの辞書アプリを入れているので、切り替えてすぐ調べ物もできます。電子辞書内蔵のポメラと変わらない使い勝手。電車の中でカバンの上に乗っけて打つのは無理ですけど、セルフの喫茶店でコーヒー飲みながら記事を書くには最強かも。
iCleverさんって手頃な値段で色々なキーボードを発売してるので買い増ししてもイイかもって思いました。(笑)そうそう電池が持つのも良いところ、仕様には80時間って書いてありましたけど、平日に30分〜1時間ぐらいの使い方なので、まだ一度も充電してませんよ、これってスゴイですな。
フリック入力に馴染めないオジサンは、良いキーボードがあればポメラじゃなくても記事が書けたって事なのでした。(笑)

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

厳選ワイン7本のワインパラダイス モトマチって

_dsf0667_blog


元同僚が、脱サラして元町でワインバーをオープンさせたので、微力ながら応援を兼ねて宣伝記事をば。
お店の名前はフルネームで「カジュアルワインバー ワインパラダイス モトマチ」って長っ。通称は「ワイパラ」や「ワインパラダイス」でいいみたい。
4月3日に開店したので、まだ出来たてのホヤホヤです。営業時間は昼の12時から夜の12時まで、ラストオーダーは夜11時まで。定休日は今のところありません。って開店したばかりなので休んでる場合じゃ無いかと、しっかり働いて繁盛店にしてね。(笑)
場所はJR元町駅西口南側目の前の横浜家系ラーメンの入っているビルと、隣のやよい軒とローソンの入ってるビルの間の路地って書くとかえって分かりづらいですな。要するに駅前のでかいビルの間の路地、居酒屋「きた」の隣。
元町商店街からだと老舗の「花見あられ」から山側に目の前のパチンコ屋さんと「広尾のカレー」の間の路地になります。駅から行っても商店街からでも徒歩1分程なので便利ですな。ちょっとワインを味わって帰るのにも駅近って行きやすいですからね。
黒とグレーを基調に、ガラス張りのファサードから、落ち着いた照明に照らされた一直線のカウンターが見えるシックな店構え。以前のお店は赤ちょうちんに暖簾のコテコテな昭和な居酒屋さんだったので、なんだか路地の雰囲気一気に変わりましたな。一見、入りにくそうに見えますけど、反対に隠れ家的な雰囲気があって、この界隈では今まで無かったお店の感じでいいかと。完全禁煙なのも今時、ワインのお店なので当然かもしれませんけどね。(笑)
で、ワインはどれぐらいあるのって聞いたら7本だって、オイオイたった7本でパラダイスってどういう事やね〜んってツッコミ入れましたけど、厳選7本のラインナップでスタート、これはこの先育てて行くみたいなので、長い目で見ましょうか。まだスタートしたばかりなので、お客さんのリクエストなどにも応えつつ変わって行くのでしょうけど、お客さんが品揃えに参加できたら面白いかもしれませんなと、オジサン思ったので一応提案しときました。(笑)
フードメニューはミックスナッツやドライフルーツなどに、アヒージョやブルスケッタ、ピンチョスにポークリエットやシュリンプカクテルなど、ワインにピッタリなものが色々ありましたな、オジサンが行くジャパンな立ち飲みで言うところの、おでんや串カツに相当するものかと思いますけど、馴染みがないのでうまく表現できません、メニューの写真は美味しそうでしたという事で。(笑)
まだ走り出したばかりなお店ですけど、女性お一人で仕事帰りにちょっと立ち寄るにはいいお店かと、もちろん男性もね。お店の公式ツイッターはこちらです食べログの記事はこちら。でも、見にきてくださる方の女子率の低い、オジサンのブログでは、大した応援にならないかもしれませんなぁ。(笑)

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

ボディー1台にレンズ23本って。

_mg_1182_blog
一番最初に使った一眼レフのマウントはキヤノンFD、50ミリだけしか持ってませんでしたけど、働き出してから少しずつ買い揃えて最終的に12本使ってました。過去の撮影記録を調べたので間違いございません。オジサン結構マメに記録付けてましたのでね。サードパーティ製レンズは純正レンズを買うときに下取りに出したりしたので、12本がフルに揃っていたわけではないのですけど、A-1とT90、2台のボディーで使ってましたな。
その後EOSシステムに乗り換えて、また一からレンズを揃えていったのですけど、これも調べてみたら18本ありました。思いのほか色々レンズを使ってたのに驚きましたけどね、FDマウントレンズは、どうしても手放せない4本の単焦点レンズだけ残して、EOS用レンズを買う軍資金になりました。
EOSに乗り換えてから、積極的にズームレンズを使うようになったのですけど、それでも単焦点レンズが好きだったので、FDマウント時代に使っていたレンズと同じ焦点距離の単焦点レンズは揃えてましたな、EOSシステム初期のレンズなので、すでにラインナップからは消えたり、2代目、3代目のレンズに置き換わってますけどね。(笑)
フィルムEOSボディーは色々使って最終的にEOS-1N2台持ちに落ち着きました。その後、時代はフィルムからデジタルへ。フィルム写真は、FDマウントのボディーと、クラシックカメラで楽しむようになって、デジタルなEOSボディーの買い替えや買い増しのたびに、フィルムEOSボディーは消えて行きました。(笑)まだその頃は下取りでも値段が付きましたからね。
ただデジタルになってもレンズは使いまわせたので手放さず温存していたわけで。状況が変わったのはX-T20を使い出してから。ミラーレス一眼だとレンズの選択肢と言いますか、楽しみが格段に広がるのですな、星の数ほどあるマウントアダプターの存在は大きいですよやっぱり、クラシックなレンズを楽しむための必須アイテムですからね。
ただボディーと機械的に連動していたレンズはマウントアダプターで使えるのですけど、EOSのように電子接点でつながっているレンズはコントロールができません、それを解決したマウントアダプターもあるのですけど、高価ですし、そこまでしても使いたいレンズがあるかって考えると、X-T20用にXマウントレンズを充実させたほうがいいかって事で少しずつ断捨離。EF135mmF2.8SFなんてソフトフォーカスのコントロールができるレンズも持ってましたな。誰も知らないレンズかと。(笑)
18本あったEOS用レンズは今4本だけ。代わりにXマウントレンズが勢力拡大中な我が家の防湿庫事情、純正だけでなく、マウントアダプターで使えるレンズや、改造レンズを数えてみたら23本もありました。X-T20一台にこんなにレンズが使えるなんて思いませんでしたな。時代がミラーレスに移り変わっていくのも分かります。
持ってるレンズがマウントアダプターで使えるのなら、ボディーだけ買ってみようかなってカメラ選びも成り立ちますからね。新機種が発売されると前の機種はドンと値下がりしますし、買い替え下取りで中古も値頃なのが並びます。レンズを楽しむのにはいい時代なのかもしれませんな。
で、オジサンもX-T20一台だけじゃ足りないって事で、買い増し思案中。レンズが先かカメラが先かなんて考える前に、レンズだけ充実してしまいましたのでね。(笑)

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

iPad mini(5th)の容量64GBと256GBで悩み中が…

先月末新しく発売されたiPad miniを買おうと思っています。ただこれを書いてる時点ではまだ品薄みたい。焦る必要は無いので、どのモデルにするかじっくり考えてやろうかと。(笑)
色はシルバーって決めているのですけどね、問題はストレージ容量。少し前の記事で64GBじゃ足りないし、256GBじゃ持て余しそうって書きました、中間の128GBが無いので選ぶのに悩んでいるわけで、お値段がだいぶ違いますからね。
だけど色々放り込んでおくのなら多いに越した事はないので256GBしか無いかなぁと思いつつ、iPad使いの皆さんはどちらを選んでいるのかネットを検索してみたのですけど、そこで急浮上してきたのがセルラーモデルを格安SIMで使うという選択。調べてみると大手キャリアより安く使えるというのが分かりました。
オジサン今使っているiPadは2台ともWi-Fiモデル、お家のWi-Fiで繋いでいて外ではフリースポットを利用するというスタイルで使ってます。一番の使い方が、ブログ用の資料を持ち歩いて記事を書く時の閲覧だったので、ネットの情報はクリップして、Evernoteもオフラインで使えるようにして、自炊した電子書籍も全部放り込んでいました。それに音楽や映画、録画したテレビ番組、オフラインで使えるミニぺディアなどのアプリを入れていたわけで。
最初に使ったiPadが64GBで、少々足りなかったのもあって、2台目は128GBを選びました。全部入りにして、この先まだ増えたとしても、これなら余裕だろうと。
新しいiPad miniは、この128GBがありません。容量が欲しければお高い256GBの一択、さすがにそこまでの大容量は使い切る事は無いかと。そうなると64GBに収まるようにデータを断捨離するしかないわけで。
で、今の使用量を調べてみたのですけどね、なんと77GBほどでした。あれっ、結構使っているつもりだったのですけど、そんだけ?ガッサリ放り込んでいるのですけど意外でした。
内訳を見てみると、一番容量を食っているのが映画とテレビ番組の録画、お家で見る時間が無いので、通勤電車で見ようと放り込んでいたら、いつの間にか容量圧迫、合計35GBだって、なのに全然見てません、ただのメモリーの肥やしになってましたって笑えないぞ。(笑)
次が音楽、3000曲ほどで14GB消費、これも満遍なく聴いているわけじゃなくて、気に入ってるのばかり。全然聴いた事ない曲がほとんどって、オジサン何やってんだか。本当に必要な電子書籍や、Evernoteのデータなんて、ほんのちょっぴりしか容量消費してなかったという。
今まで、いらんモン持ち歩いていたアホなオッサンは64GBで十分事足りていたという、平成の終わりに分かった驚愕の事実に愕然。(笑)
セルラーモデルを格安SIMで使えば、オフラインで使えるのや、フリースポットを探してくれるアプリも必要無くなりますし、さらに容量を開放できるわけで。
なんだか悲しくて嬉しい容量事情、オジサンは大広間なんかより4畳半で十分生きて行けたのでした。という事でiPad miniは、シルバーで64GBのWi-Fi+セルラーモデルにします。次のステップは、格安SIM選びですな。

_mg_1225_blog

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

神戸の街でスパイダーマンと神戸ビーフを楽しむ。

_dsf0490_blog

少し前、いつでしたか忘れましたけどテレビ番組で、外国人観光客が日本で食べたいものランキングってのをやってました。神戸ビーフも当然ながらランキングに入ってましたけどね、地元民はほとんど食べてないでしょうな、お高いのでね、滅多にお目にかかれませんよ。(笑)
だけどブランドとして認知度も高く定着しているので、三宮の歓楽街を撮り歩いていると、神戸ビーフの看板が、いたる所にあってスゴイですな、あれだけの数のお店が、日夜神戸ビーフを焼いているわけで、毎日どれだけの数の牛が成仏しているのでしょうか、合掌。(笑)
滅多にどころか、我が家ではお目にかかる事がない神戸ビーフ、お店の看板やメニューの写真を見て歩くだけならタダ、美しい霜降りは目の保養って、何だか楽しいけど悲しいですなぁ。(笑)
でもつい最近食べましたよ。いつも買い物をする市場のお肉屋さんで、「絶対買っとき、こんなん滅多にあらへんで」っておばちゃんに猛烈プッシュでオススメされて、家内が買ってきた神戸ビーフ切り落とし、半額なので瞬殺で売れたそうで、最後の2パックをゲット。パックの値段表示のところに牛の個体識別番号1498787961って書いてありましたな。もうお目にかかれないかもしれないので、記念に写真を撮りましたよ。
ステーキ用のぶ厚いお肉じゃなくてコマ切れ肉なので、神戸ビーフの霜降りオーラはあまり出てませんでしたけど、なんだかいつもより美味しい気がしました。なのでその日の晩御飯はお酒飲まずに、家内と無言でご飯ワシワシ、他のおかずに見向きもせずにお肉の取り合い。いや〜美味いな〜って、ご飯も一瞬でなくなりましたな。(笑)

L37399_blog

三宮、元町にたくさんのお店を構えている某神戸ビーフの専門店、牛一頭買いで有名らしいです、お店の目印は等身大のスパイダーマンのマネキン。南京町や東門街で見かけた方も多いかと。観光客が一緒に写真撮ったりしてますな。
お店の前だったり、壁に張り付いていたり、屋根の上だったり、いったい何人いるのってぐらい、あちこちにディスプレイされてます、ポーズも何種類かあるみたい、目を引くのでこれを目印にお店探しもしやすそう。
なんでスパイダーマンを飾っているのかHPを見ても分かりませんでしたけど、スパイダーマンの神戸ビーフのお店って覚えやすいですからね。目にする度に写真を撮っていたら結構な数になってましたな、写真撮ってないでお店で神戸ビーフ食べなさいよって言われそうですけどね、お高そうでオジサンには敷居が高いのでまだ行けてません。なので神戸ビーフの代わりにスパイダーマンの写真をどうぞ。(笑)

L37391_blog

| | コメント (0)

«改造レンズ第4弾は、ペンSのD.Zuiko 30mm F2.8