2017年7月23日 (日)

マミヤスケッチを手にしたら覚悟しておくこと。(笑)

オジサンのブログをいつも見てくださっているある方が晴れてマミヤスケッチオーナーになりました。これは実におめでたいことなので、素直に喜びを分かち合いたいなと。(笑)
何しろこのカメラ、発売されるまでに紆余曲折、ハーフサイズで設計されながら土壇場でましかくフォーマットに変更、さらに発売された時期がオリンパスペンとかぶってしまって、カメラ史上において完全に負け組、売れなくて早々に生産が打ち切られたといういわく付きなので生産台数がすご~く少ないのですな。
後年35ミリフィルムでましかく写真が撮れる唯一の国産カメラとして評価が高まってしまって、コレクターやマニア向け価格で取り引きされるようになったわけで。そんな生い立ちのマミヤスケッチ、今では出てこない、見つからない、手に入らないカメラのひとつかと、ましかく写真好きにとっては、たまらん逸品なのですけどね、見つかりませんな。(笑)
撮って見ると分かりますが、絞りがレンズ前面にあって等間隔じゃなく、しかもピント合わせで回転するレンズと一緒に回るので、絞りを変えようとすると「え~っと、F8はどこいった?」ってなりますし、シャッタースピードの表示が倍数系列ではなく古い大陸系列だったりで決して使い勝手がいいわけではなく、正直言ってかなり古くさい仕様のカメラなのですけど、その見た目や小ささが心をわし掴みするわけで、しかも撮れる写真はましかく。instagramのおかげでましかく写真が市民権を得ていますが、そんなもっと前からましかくだったスゴイ奴。(笑)
もうね、もしうっかり中古カメラ屋さんで見かけたりしたら、ハート打ち抜かれる事は確実かと。ネットで調べると写真がいっぱい出てきますけどね、実物はもっとチャーミングでいけないオーラが出まくりなのですな。持ってて嬉しい、撮ってて楽しい、現像上がりのフィルムにズラリ並んだちっちゃなましかく写真に思わずニンマリ。
なのでマミヤスケッチを使い出すと中古カメラ熱が下がります。平熱に戻るといいますか、他のカメラに見向きもせずこればっかり使ってしまうという。オジサンがそうでした。毎日持ち歩いて、早起きして仕事の前に撮り歩いたりしてましたな。
持ってるフィルムカメラたちの中でも、撮った写真の数はぶっちぎりの第一位、持って出るカメラを決めるときも、マミヤスケッチを中心に他のカメラを決めるという熱愛ぶり。オジサンの中古カメラ遍歴の最後を飾るカメラはマミヤスケッチで完結って思ってしまったぐらい。いやホントそう思うぐらい楽しいカメラなのですよ。(笑)
ですけどね、実はここからが始まりだという。心の中のパンドラの箱を開けてしまう、危ないカメラなのですな。マミヤスケッチで35ミリフィルムのましかく写真に目覚めてしまいますとですね、同じましかく写真が撮れるカメラが急に気になり出すのですな。
国産カメラでは唯一無二の存在なマミヤスケッチですけど、海の向こうに目を向けると、35ミリましかく写真のカメラって色々ありましてですね、テナックスやタクソナ、ロボットスターあたりは有名、他にもメカフレックスやアルティックスなんてのがあります。間違ってもネットで検索なんてしてはイケマセンよ。気が付くとeBayをうろうろしている自分がいるかもしれませんからね。(笑)
オジサンもハマりました、気が付くと何故かテナックス IIとロボットスター1が手元にあるという。さすがにトイカメラのダイアナミニには手を出しませんでしたけどね。
35ミリフィルムを使う、ちっちゃなカメラでましかく写真が楽しめる幸せ。機動力がありますからね、中判カメラとは違う楽しさがあります。そういえば「スクエア写ルンです」っていうのも一時ありましたな。今もう一度発売すれば売れると思うのですけどねぇって調べてたら「スクエアフォトカメラ」なるものがあるのですな、知りませんでした。
ちっちゃなましかくカメラは魅力たっぷり、撮った写真も。覚悟を決めて堕ちていくのも楽しい事かと。(笑)
_mg_8321_blog

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

写ルンですを卒業したら4 押すだけオートハーフ推し

_mg_8305_blog
若い人のフィルムファンがじわじわとまで行きませんが、ちょぼちょぼ増えているそうですな。コンビニで買えて、手軽にフィルムを楽しめる写ルンですの人気は大きいかと。
5月下旬からカメラのキタムラでスマホ転送サービスなんてのも始まったようですし。撮った後のインフラが良くなればまだまだファンは増えると思いますよ。
写ルンですは買って袋から出したらすぐ使えるところがいいのですけどね、現像が上がるまでフィルム自体を目にする事がないのですな。もう中にセットされちゃってますからね。巻き上げてシャッター押すだけ、そこが便利で人気の秘密なのですけどね。
だけど世の中には、ちゃんとフィルムをカメラに装填するところから始めてフィルムカメラを使ってみたいという方もいるのじゃないかと。だけど使い勝手は写ルンですと同じぐらい簡単なのがイイって方にオススメしたいのが今回取り上げたリコーオートハーフシリーズ。
タバコの箱が分厚くなったぐらいの大きさの文字通りコンパクトな石鹸箱。(笑)使い勝手はシャッター押すだけの簡単お手軽カメラなのですけどね。写ルンですを越えているところは何かというと、ハーフサイズなのに抜群の写り。
写ったサイズはふつうの35ミリの半分のサイズだからハーフサイズなのですけど実にシャープでびっくりするはず。写ルンですのフルサイズを超えていると思いますな。オジサンこのレンズはすごいと思いました。
半分サイズだから36枚撮りフィルムで72枚撮れるところもグッド。いっぱい楽しめますからね。じゃんじゃん撮っても全然OK。しかもゼンマイ仕掛けでフィルムを巻き上げてくれるのでバシャバシャ撮れます。これ結構快感かも。
ゼンマイをジーコジーコ巻き上げたら後はシャッター押すだけ。次々撮れますよ、なんだか持ち歩いていて楽しいのですな。こんなすごいカメラが昔あったのだと言う事を平成生まれの君たちに知っていただきたいわけで。
たくさん売れたカメラなのでたくさんの種類があります。しかも中古カメラ屋さんではリーズナブルな価格で並んでいるという。一台持っていても損はないと思うのですけどねぇ。

L33062_blog

以前行きつけの酒場で常連のカメラ女子に見せたところ「なんすかそれ、カメラっすか、エ、エ、エ、何々、そんなん初めて見ましたけど」って激しく食いついてきましたな。
ま~ね、見たこと無い方にはかなりインパクトのあるカメラですからね。「撮って見る?」って渡したら、何枚か撮って「うわ、うわ、これめっちゃ欲しい、どこで売ってるんですか」って返してくれなくなったので後日その子の所に嫁ぎました。オジサン4台も持ってたので、まいいかと。フィルムカメラファン増やさないといけませんからね。
なんだかいつも持ち歩いてがんがん撮ってるみたい、それだけ使ってくれると嬉しいですな。
このカメラ、ゼンマイ仕掛けのフィルム巻き上げにまずやられますな。リズム感があるというか、次々撮ってしまうという。まさしく辻斬りのように撮りまくってしまいます。レンズは当時としてはワイド、ハーフサイズなので被写界深度も深くて隅々までピントがきたシャープな写真が撮れるのですな。
こんなちっちゃなカメラですべてが完結しているところがスゴイかと。写ルンです卒業シリーズ第4弾は万人にお勧めしたいリコーオートハーフで決まりということで。
L33059_blog

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

夏に楽しむアテの色々。

行きつけの酒場で、この季節一番人気なのが冷や奴。安いのに一丁丸ごとのビッグサイズなので人気があるのですな。
水を張ったタライごと業務用冷蔵庫で冷やしてあって、注文するとそこからすくって出してくれるので、見た目も涼しそうでついつい注文してしまうという定番のアテ。ネギとショウガを乗せてハイどうぞ、後はお好みで。
醤油かけたり、ポン酢だったり、七味振りかけたり皆さん自分の楽しみ方で食べてます。若いお客さんがマヨネーズかけてって言ってましたな、旨いの?その食べ方。ま、人それぞれですのでね。(笑)
その季節にしか味わえなかったり、その季節だからいつもよりおいしい食べ物って色々ありますけど、それとお酒を結びつけるのは酒飲みならでは。焼き肉みたいに年がら年中あるものとは違って季節を肴に酒を飲みたいわけで。
半夏生(はんげしょう)という季節の言葉があります。夏至から11日目、7月2日ぐらいを指すのですが、この時期ぐらいからたこがたくさん穫れておいしくなるので、関西では割となじみなのですな。土用の丑と同じような感じかと。
地元兵庫県では明石だこが有名ですが、たこが穫れる事を「たこが湧く」という言い方をします。行きつけの立ち飲みの大将は釣りが趣味なので、この季節になると「そろそろ湧いてきたから、来週辺りたこ釣りに行ってくるわ」なんて言ってますな。
明石海峡の海流の速い所にいる明石だこは、流されないように踏ん張っているので筋肉質で身が締まっています。この食感が大好きなので、大将の釣って来たたこがメニューに並ぶと必ず注文、茹で加減も絶妙なので、たこでばっかり飲んでます、でもぜんぜん飽きないのですな。(笑)
川津えびの唐揚げもおいしい。元気でピンピンしているのをビニール袋に小麦粉と一緒に入れて振ると、暴れ回って勝手に粉まみれになってくれるので、それを油に投入。揚げたてにレモン搾って食べるといくらでも飲めます。(笑)

Img_2049_blog
オバケ(上の写真)に酢味噌をかけたのも夏のアテ。オバケって若い人は知らないかもしれませんが、漢字で書くと尾羽毛、さらし鯨の事なのですな。味わいなんてありません、酢味噌の味で食感だけを楽しむアテ、だけど美味しいのですな、分かる人にしか通じない味わいなのですけどね、オジサンは好物。
夏は焼き穴子もはずせません。買うと大抵タレが付いてくるのですが、必要ないですな。お刺身と同じように、わさび醤油で食べる方が実は美味しいのですよ。
何だか海の幸ばかりになってしまいましたけど、野菜もちゃんと食べてます、茄子の煮浸しや焼き茄子、オクラに鰹節と醤油かけたのは夏の定番、プリプリの冷やしトマトの輪切りをお皿に並べてオリーブオイルと岩塩に粒胡椒ガリガリもいいですなぁ。
季節の物をアテにお酒を飲むって幸せ。休日の献立を考えるだけでワクワクしますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

帯状疱疹?何すかそれ?

_mg_8310_blog
年齢とともに、体の不調や病気の事をネタにする率が高まっておりますけど、仕方ないというか情けないというか、生きてりゃ色々ありますので、こんなのも、よもやま話のひとつと言う事で。へこんでいる場合じゃありません、オジサンに起こる様々な事は全部ネタにしてしまうぐらいじゃないとやってられませんからね。(笑)
ある日の事、左耳の後ろにポツポツが、触ると痛いし痒いので、虫さされか何かだろうとムヒを塗りました。我が家は古いお家なので、家の中に虫がよく居たりするのですな。以前家ダニに咬まれてエライ目にあってバルサン焚いたことがあったので、またそういう季節かと思ったのですな。
次の日ポツポツが後頭部にまで広がってきて部分的にボコボコになっていたという。家内に「はよ医者行け」っていわれたのですけど、その日は仕事が超忙しくて行けずじまい。またムヒ塗って寝たのですけど、翌日もっとひどくなって、熱っぽいわ、寒気がしてくるわで「こらアカン、ただの虫刺されと違うがな」って慌てて医者に駆け込んだわけで。
医者って何であんなに待たされるのでしょうね、受付横のモニターに、只今の待ち人数54人って出ていてうんざりしました。結局3時間待ってやっと名前を呼ばれました。で、受診時間は3分で済んでしまったという。
先生ポツポツを見るなり「帯状疱疹ですね」と一言で終り。
「何すかそれ?」
先生曰く要するにヘルペスの一種だそうで、子供の時にかかる水疱瘡が大人になって出てくるというもの。水疱瘡って直ったように見えて実はウイルスが体内の神経節に潜伏しているのだそうで、歳いって体の免疫力が低下したりバランスが崩れたときに再び活動をはじめ、神経を伝って皮膚に到達発症するというウイルス感染症。体の右か左のどちらか半分にしか出ないのが特徴で、神経にダメージを受けるので、神経痛などの後遺症がまれにあるらしいのですな。
発症後48時間以内に飲めば直る特効薬が今はあるそうで、それを処方しますって言われて終わりましたけど、ヤバイ48時間越えているぞ。空き腹じゃまずいので、セルフの喫茶店でホットドッグ食べて慌てて薬を飲みましたけどね。何とか間に合ったのか只今緩やかに収束中。
でも時々すごく痒いときがあるので、一緒にもらった塗り薬も塗っておりますけど、後頭部なので家内に塗ってもらわないと自分じゃうまくできないのが情けないですな。しかも髪の毛ボサボサなのに直るまで散髪も行けませんし。
鏡を見るとみすぼらしいオジサンの姿が。もう笑うしかありませんな。(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

モノクロに手を出すな。(笑)

021109_blog
実家にはフィルム現像のタンクやらダークバッグやら道具一式が残してあります。いつか再開してやろうと思いながらウン十年経っていますけど、捨てる気にはならないのですな。あの楽しさをもう一度という気持ちが捨てられないので、いつまでも置いているという。
ヨドバシに出かけると、ついつい暗室用品のコーナーを見てしまいます。規模は縮小したとはいえ、現像の薬品がまだ並んでいるのを見て、いつでも再開できると安心するわけで。(笑)
モノクロフィルムの現像を初めてやったとき、タンクのリールにうまくフィルムが巻き付けられなくて、フィルム同士がくっついてしまい、そこだけ現像出来てないままだったときはショックでした。テスト用フィルムを使って、ダークバッグの中で手探りできちんと巻き付けられるように何度も練習したのも懐かしい思い出です。慣れてくると実に簡単なことなのですけどね。
時計を前に置いて、現像、停止、定着の手順を踏んだら風呂場にタンクを持って行って水洗、水を流しっぱなしにするのでよく怒られました。(笑)
仕上がったフィルムをタンクから出して、吊して水気をふき取り乾燥させるわけですが、いい感じで現像出来ていると嬉しかったですな。厳選したコマを引き伸ばすのも楽しかった。覆い焼きのためのマスクを作ったりして一枚のプリントを仕上げるのが楽しかったわけで。
月日は流れて、初めてPhotoshopを見たときは衝撃でした、覆い焼きツールだとか暗室作業で使うものが装備されていて、まさしく画面の中の暗室。お店でデモを見て、どうしても欲しくなって大枚はたいて買いました、高かったなぁ、バージョン2.0の頃でした。
引き伸ばし機がダメになったり、リバーサルフィルムの美しさに目覚めてから、モノクロはだんだんやらなくなってしまったわけですが、今でもお手軽に楽しみたいときにはイルフォードXP2superというカラーネガと同じC-41現像処理のモノクロフィルムを使っています。ただ値上がりしてすごく高いフィルムになってしまいました、おいそれと買えない。(笑)
そういうモノクロ遍歴があるので、今日はモノクロで撮るって時にはちょっと感覚が違うのですな。カメラにモノクロフィルムが入っているという時点でモノを見る目がモノクロ目に変わります。コントラストや階調に目が行くというか、頭の中でこれがモノクロになったらどんな感じになるかなって無意識に想像してしまうわけで。モノクロで撮るってそういうところが醍醐味なのですけどね、実に楽しい。
撮ったフィルムは以前はフィルムスキャナで、今はフルサイズのデジタル一眼レフにマクロレンズで複写してパソコンに読み込みLightroomやPhotoshopで整えていくわけですが、カラーだとほとんど手を加えないのですけど、モノクロはどうしてもいじってしまいますな、暗室作業の時を思い出すといいますか、とことんやってしまうという。
納得するまで終りのない世界ですからね、ここも楽しいところ。モノクロに手を出すと確実に深みにはまります。フィルム現像を再開したいけどやらないのはその辺りの怖さを知っているから。(笑)
「モノクロに手を出すな」ってタイトルは自分自身のため、でももう一度やってみたいのですけどね。
870321_2a_a4_blog
懐かしい写真を2枚、上のコンタクトシートは2012年にオートハーフで撮ったもの。もう引き伸ばし機は壊れて無かったので、透過原稿ユニット付きのエプソンのフラットベッドスキャナで二列ずつスキャンしてPhotoshopでA4サイズに収まるように並べていって作ったもの。モノクロやっているとどうしてもコンタクトシートを作りたくなってしまうのですな。(笑)
下の写真はプリントをスキャンしてパソコンに取り込んだもの。今見ると焼き込み過ぎ。1987年に撮った写真、ちょうど30年前ですか。確かフォトテクニック誌に載せてもらってテレフォンカードもらいました。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«研修生をいじる悪いオジサン。(笑)