2017年12月12日 (火)

おでんの出汁は飲む派、残す派?

行きつけの立ち飲みで頼む率が上がっているおでん。冬の定番ですし、安くて暖まるはずせないメニューですな。大体2~3品入れてもらうのがいつもなのですけど、それに出汁をかけて、からしを添えて出てくるとなんだか気持ちも暖まりますな。おでんをアテに一杯やっている人は全部同じ顔、暖かさに顔がほころんでいますからね。しっかり出汁の染みたおでんは明日への活力、どんなお店でもほぼ美味しいですから。
ただ最近の新しい立ち飲みだと業務用のものを暖めて出してくるところもあるのでがっかりします、いってみればコンビニのおでんと中身はほぼ同じ。どこかの食品メーカーが作っているのなんて食いたくないですからね。おでんはそのお店手作りってところが美味しさなわけで。その辺り勘違いしているお店に未来はありませんな。酒飲みをなめているとしか思えない。冬場の定番アテのおでんのポジションを理解していない空気が読めないお店だと言ってしまいましょうか。(笑)
酒場のキングオブアテなおでんですけど、お家でも作ります。外でおでんで一杯やって帰ったら晩ご飯がおでんなんて事もありましたけど、それはそれ、たかがおでんでも味わいが違いますからね。すぐにお風呂に入って、お家のおでんで飲み直し、コレもまた楽しいわけで。
お店のおでんとお家のおでんの大きな違いって知ってますか?酒飲みなら分かると思いますけどね、お家のおでんは野菜系が多いのですな。共通アイテムの大根以外にニンジンやジャガイモ、里芋や昆布に銀杏、春菊が入るのがお家のおでん。
お店だと煮くずれするようなジャガイモはほとんど入れません、売れなかったら崩れて出汁が濁りますからね。売れ筋の大根だけ、おでん専門のお店はこの限りではないですけど、立ち飲みのおでんはほぼ野菜は大根のみのところが多いかと。
そのかわりちくわ、ごぼ天、平天などのいつまで炊いても大丈夫な練り物グループは充実してますな。同じおでんでもお家とはずいぶん違うのが面白いところ。
で、おでんの出汁なのですけどね、お店、お家関係なくおでんを食べた後にお皿に残った出汁って飲みますか?残しますか?オジサンは必ず飲み干してしまいます。玉子を頼んで崩れた黄身が出汁に溶けてしまったのなんて、そのままにしませんよ、見た目は悪いですけど美味しいのでね。コレもおでんを頂く際の作法かと思うのですよ、お家だと家内には嫌がられますけど。出汁を飲み干すのは美味しく頂きましたって言う証だと思うのですけどねぇ。
それからおでんの具を全部食べた後にジャガイモの崩れたのや、ニンジンやスジのかけらが沈んだ出汁ってどうしてますか?えっ捨てちゃう?罰当たりな。関西で多いのがそれを使ってカレーにリメイクするというもの。カレー粉を加えるだけでちょっと和テイストなカレーになるのですけどね、美味しいのですな。せっかくいいお味が出た出汁を余すところ無く使いきる庶民の節約メニュー、実はおでんの次の日のお楽しみだったりします。(笑)

_mg_9795_blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

面白がりながら歩く、街の写真の醍醐味。

休日は必ずカメラを持って出掛けます。もう沢山のカメラやレンズを持って出ることは出来ないので、今日はこのカメラって決めた1台だけのシンプル装備、長距離、長時間歩けなくなっているので、この辺りを散策してみようと決めた所を、ゆっくり徘徊してフィルム1~2本撮ったら終了。なじみのお店で、ちょっと飲んでお家に帰るというのがいつものパターン。カメラオジサンの正しい休日のすごし方が板に付いてきたかと。(笑)
写真って、すごく個人的な創作活動なので、自分の好きなものを撮ればいい世界なわけで、花が好きな人は花を思うように撮ればいいし、鉄道が好きな人は鉄道をかっこよく撮ればいいわけですけど、写真に撮られるために花は咲かないし、列車は走っているわけでないので、その辺りマナーや節度は当然必要ですな。
入っちゃいけない所で写真撮ってたりしたら怒られますし、撮影禁止になることもありますからね、そうなると自分だけじゃなくて沢山の写真ファンにも迷惑になります。世の中のルールの中で最大限撮影を楽しむのは大人の写真ファン。何だか説教臭くなってしまいましたな、軌道修正。(笑)

L14626_blog振り返るとマンションの屋上にハニワが2つ並んでました。これゼッタイ狙って設計デザインしたと思いますね。(笑)

オジサンは街のアレコレが好きなので、そんなのばかりを撮ってます。何だかそれが肌に合うというか楽しいのですな。人が造りだす街のたたずまいや、間抜けさや、滑稽さにひかれるわけで、そういうのを見つけると思わずカメラを向けてしまうという。なのでいつでもどこでもどんな街でも写真が撮れます。
花だと咲く季節しか撮れませんし、雪景色は冬しか撮れません、星を撮ろうと思ったら夜しか無理だし、飛行機は空港や基地に行かないと飛んでない、キレイなお姉さんを撮りたくてもそんな人は知り合いにいないので、どう逆立ちしたって無理、ところが街の写真はオールシーズン朝から晩までOK、ふらりと出かけても確実に写真が撮れるという、ゆる~い写真。必要なのは観察力だけ、歩き回って疲れたら喫茶店で一休み。
気合いを入れて作品づくりをしている方や、コンテスト命や写真一途の方にすれば、ゆるすぎて「バカヤロー」って言われそうですけどね。裏返せば、いつでもどこでも始められるわけで、実は長く続いている理由でもあるのですな。街を面白がる気持ちとカメラがあれば誰でも楽しめる写真。

L22494_blogとある雑居ビルで見かけた、非常用ハシゴにイスを積んでバリケードしている様子。ってアカンがな。いざという時逃げられませんやん。何も考えずに積み上げたのでしょうね。

仕事で出かけた先での待ち時間でもサッとカメラを出してパシャパシャ。看板だったりショーウインドーだったり、その時によってカメラを向けるモノは変わりますけど、瞬間的に面白いと感じたものを撮っています。休日の街歩きも同じ、行ったり来たり、路地に入り込んだり、反対側に回り込んでみたり、カメラを持ってなかったら挙動不審者か空き巣に間違われますなぁ。(笑)
街で生まれ育ったオジサンにとって街はホームグラウンド。撮り続けていると、移り変わる街の様子も写真に残ります、無くなっていくもの、新しく出来るもの、廃れるもの、流行るもの、全部まとめて街の醍醐味。そう思うと、まだまだ撮り歩かなくてはって思うのですよ。(笑)

L34905_blogレストラン入口の装飾なのですけどね、よく見ると、アルミ缶を開いて花のように作ったものを散りばめているのですな。これってもはや芸術。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

思い出と写真が残った5 ミノルタレポ

Minolta_repo001_blog
沢山のカメラとお付き合いしていると、当然ながら合わないカメラや、しっくりこないカメラも出てきます。出会いはドラマチックだったのに、一緒になってみると期待はずれ、がっかり、印象が薄いなんて事も。大抵の場合、過剰な期待がイケナイのですけどね。(笑)
オジサンの場合はその逆がすごく多かったですな。何しろ見つけてくるカメラは中古カメラ屋さんのジャンクワゴンで枯れ木も山の賑わいのような、お店から登録抹消されて後はフリーエージェントでどこかに拾ってもらうのを待っているダメダメカメラが圧倒的に多かったのでね。
元々ダメなのですから期待なんてものは無し、直ればラッキーぐらいの淡い期待と安い値段でお持ち帰りしたものなので、それが思いのほかいい仕事をしてくれたら当然ながら評価はアップします。
ほんの少しいじれば元の仕事ぶりを復活してくれるようなカメラにロマンを感じて持ち帰りしていたわけで、おかげで足の踏み場もないぐらいカメラだらけになってしまったのですけどね。(笑)

L33582_blog
ジャンクカメラの面白さって、意外なブツが見つかる場合があること。もし完動品で、キズもなくきれいで、元箱や取扱説明書もきちんと残っていたとしたら、かなりの値打ちでそれなりの値段で取り引きされるようなカメラでも、故障で動きません、キズだらけで見るも無惨、部品取りにどうぞな状態だと二束三文でジャンク扱いになります。
完動品ならとても手が出ないカメラのジャンク品を見つけたときは嬉しかったですな。直るかどうかは自分次第、お持ち帰りして何とかしてみたくなるのはカメラの修理好きの方なら分かっていただけるかと。
L33593_blog
ミノルタレポがそうでした、ハーフサイズが一世風靡した時代に他社に遅れまいと慌てて出した感があるミノルタ唯一のハーフサイズカメラ。生産台数が少なかったのか中々見かけないカメラでした。
その頃ハーフサイズにハマっていたのでどうしても使ってみたくて探していたのですけどジャンクで発見、しかもブラックボディー。素人修理の跡がはっきり分かる見ただけで問題有りなブツだったのですけど、何とかしてみたくてお持ち帰りしたのですな。ネットや本を参考に何とか使える状態に復活できました。
ブラックボディーだし、デザインが格好良くて質感もペンEシリーズより高級感があって気に入ってたのですけど、使い勝手と撮れた写真の印象が薄くて、だんだん防湿庫の奥へ移動。休日のお供カメラ選びからも外れるようになってしまったわけで。実力のあるペンEシリーズの方がいい写真が撮れましたからね。
結局このカメラを探していた知り合いに譲りました。素人修理であることや撮った写真を見せた上で納得してもらえたのでね。カメラの印象は薄いけど、お礼にごちそうしてもらったお寿司の味は覚えてますよ。(笑)

L33599_blog

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

ボーナスの季節、だけどカメラは買わなくていいよ(笑)

毎年この季節に、以前よく行っていたカメラ屋さんからセールの葉書が来ます。最新機種の写真がいっぱい、価格は下3桁しか見えないように「店頭で発表!」なんて文字が被さっているという。さらに「この葉書ご持参で下取り査定10%アップ!買い換えは当店に!」なんて文字も。ボーナスシーズンという事もあってモノもお金も動く季節ですからね、なんとか集客につなげようという気持ちが紙面からにじみ出てます。(笑)
「ボーナス出てもウチはそんな余裕ありませんよ」って声が大半かと思いますけど、我慢と節約だけで一年の終りを迎えるのもなんだか悲しいですなぁ。(笑)
どこのご家庭も同じでしょうけど、ボーナス出たら買いたいモノや買い換えたいモノってあると思うのですな。家内のリクエストは掃除機と湯沸かしポットの買い換え、オジサンはパソコン用のイスを、ささやかですが。(笑)このところ家内はAmazonでダイソンのサイクロン掃除機を見まくってますな。そんな高いの止めてちょうだい、ダイソンでオジサンが大損なんて笑えませんよ。
我が家の家庭事情はどうでもいい事ですけど、ボーナスでカメラを買いたいという方に心からのアドバイス。旦那さんがカメラを欲しがって、困っているご家庭の奥様には、是非読んでいただいて、購買意欲を萎えさせていただけたらと思っておりますよ。カメラ屋さんから怒られそうですけどね。(笑)
カメラって目的意識がはっきりしていない人が持つものだとはオジサン思ってないのですよ。何となく欲しくて買ってしまったカメラは大抵使われずにそのままになりますからね。大金出して買ったのに使わなければ不幸、使われないままのカメラはもっと不幸。「幸せ」って言葉がどこにも転がってない事態になるわけで。なのでこんな方はカメラ買わなくていいよって言ってしまいたいなと。
まずスマホで十分事足りている方は買わなくて結構。次にスマホを乗り換えるときにはもっと高性能なカメラが搭載されるのは明らかですからね、写真はスマホでしか撮らないし、それで満足してるならカメラは必要ないかと。
動きのあるものだって動画から必要なシーンを写真にできるのですから、もうシャッターチャンスなんて考えずに最初から動画で撮ればいいと思いますよ。写真撮ってる感は無いので楽しいかどうかは別ですけどね。(笑)こういう方はモバイルバッテリー買った方がいいでしょうな。
以前写真をやっていてカメラは持ってるって方も、ちゃんと動くのでしたら新しいのを買わずにまずそれを使っていただきたいですな。しばらく使ってみて面白くなってきたら考えればいいと思います。せっかくあるのに使わないのはカメラにとって不幸ですからね。
一眼レフでしたらレンズを生かして同じマウントのボディーだけ新調するのも手、フィルムにするかデジタルにするか選ぶ楽しみもあるかと。
フィルムカメラデビューしてみたいって方も写ルンですでお試ししてみてからでいいと思います。流行っているから自分もって思うのはご自由ですけどね、多分長続きはしませんな。フィルムカメラは後からお金がかかりますからね。
これからカメラを始めたいって方は今時だとデジタルカメラになるのでしょうけど、高性能のカメラなんて止めた方がいいです。使いこなせないのは分かり切ってますからね、中堅クラスやファミリーユースの入門機で十分。型落ちの中古でもいいぐらい。
例えですけど、車の免許を取ってすぐにベンツやBMW買う人なんていないでしょ、ぶつけるかもしれないので運転に慣れるまで中古の安い軽四とかを買うんじゃないですか。カメラも同じ、入門してみて楽しくなってから本気で考えればいいのですよ、その方がカメラにとっても幸せですからね。せっかく買ったカメラで写真を撮る事が楽しくならなければ全くの無意味だと思います。
いろいろ書きましたけど、裏返せばスマホじゃ満足できなくて、撮りたいものがちゃんとあって、それにつぎ込むお小遣いも確保できて、体の一部になるぐらい何時もカメラを持ち歩いて写真を撮りたいって方は、家族の反対を押し切ってでもカメラを買ってくださいと最後に申し上げておきますね。(笑)

L23853_blog
本当は欲しいという気持ちに偽りがあるかどうか「真実の口」に手を突っ込んで見ればわかります。えっローマは遠いって?大丈夫、元町商店街にありますよ。一回100円で。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

もっと早く買えばよかった、Bluetoothイヤホン。

_mg_8742_blog
ipadやipod touchで音楽聴いたり、映画や動画を見たりするときに必ずイラッとくるのがイヤホン。ブラブラするコードがじゃまなのですな。何かの拍子に引っかけたりする度にイラッときます。おまけにイヤホンの形状がオジサンの耳の形と合わないのかすぐに抜け落ちてしまうという。
さらに老眼鏡に付けているメガネストラップとケンカするので絡まってややこしいことに、順番間違えてイヤホン外す前にメガネを外すと確実に絡まりますな。(笑)何とかしたくて一時ネットで調べた事があるのですけど、ケーブルレスのものや、AppleのAirPodsは結構いいお値段ですし、そこまで気合い入れていつも使うわけではないので、イライラしながらも我慢して使っていたわけで。
少し前ですけど、ネットを眺めていたらBluetoothイヤホンのオススメ記事が出ていました。数社の製品をテストしたレビュー記事なのですけどね、ふーんって感じで眺めていたのですけど、安いのだと3000円ぐらいからあるのですな。もっと高いものだと思っていたので、これぐらいなら買ってみようかと、急に物欲がムクムクしてしまったオジサン。(笑)
調べてみると名の通ったオーディオメーカーから、聞いた事もない新興メーカーまで実に様々、お値段もピンキリ。お高いモノはそれなりに音もいいのでしょうけど、音質にこだわるほどのいい耳してませんし、マニアでもないのでお値段重視でピックアップ。
心が動いたのがJBLのT110BT、Amazonで3,318円と買いやすいお値段。JBLってオジサン世代にとっては憧れの名門スピーカーブランドですからね。パラゴンなんてすごいスピーカーが昔ありましたなぁ。(笑)それがこのお値段ですからね、最有力候補というか、もう買うつもりでほとんどポチリかけ寸前だったところへ10月28日の記事で書いたBluetoothスピーカーのメーカーTronsmart社のイヤホンがAmazonで1,890円というのを見つけてしまったわけで。
ここのスピーカーは買ってから音楽流しっぱなしで、とても気に入っているので、イヤホンも悪くないだろうと、値段に負けたこともあって即決。(笑)製品名は「Tronsmart S1 Bluetoothイヤホン」。
届いて早速使っておりますけどコレいいですな、Bluetooth接続なのでipadやipod touchのイヤホンジャックに挿さなくて済むだけでも実に便利、コードがブラブラしないのでずいぶん使い勝手がよくなりました。コードは使用中もじゃまにならない長さでリモコンもついているので選曲やボリュームも手元で出来ます。
イヤホン部分同士をくっつけられるように磁石が入ってるのも○、使わないときも首にかけっぱなしに出来ますからね。ただもう少し強力だといいのですけど。バッテリーは10時間持つそうで、一週間使ってますけど全然大丈夫。
aptX/AAC対応だとか、防水IPX4だとか、ノイズキャンセリングだとか、内蔵マイク搭載だとか、その辺りのスペックに関しては、なんだかいい事らしいぐらいしか、オジサンには分からないのですけど、音は低音も響いて十分すぎるぐらい。ipod touchに付いていたイヤホンよりもはるかにいい音で聞けますな。
こんなに便利ならもっと早く買えばよかったBluetoothイヤホン、オススメします。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«恒例になった干し柿を今年も。