2018年1月16日 (火)

一人で寿司屋に行くのが夢だった。

今は回転寿司のお店がそこかしこにあって、昔に比べると格段に美味しくなっているので、お寿司って特別なものじゃなくなってますな。お昼はお寿司でも食べようかって気軽に入ってみたら、お客さんでいっぱいなんて事結構ありましたからね、ランチにお寿司なんて昔は考えられませんでしたけど、近所のフードコートの回転寿司屋さんも休日は家族連れで賑わって順番待ちしてる事も。
思えばにぎり寿司って江戸時代のファーストフードですからね、ちゃんと浮世絵にも残ってます。その後どんどんお高い食べ物になってしまいましたけど、カジュアルな回転寿司のおかげで原点に戻ったと言う事かもしれませんね。
安く気軽に食べられるようになったのはありがたい事なのですけど、オジサンの若かりし頃は、社会人になって自分の稼いだお金で一人でお寿司屋さんに行くのは夢でしたな。
何だか大人な感じがしたわけで。当然回ってない寿司屋さん、一枚板のカウンターで寿司職人さんに握ってもらいながら摘むというのが、カッコいい大人というイメージが出来上がっていたのですな。雑誌の対談やインタビュー記事なんかで、小説家のセンセイが行きつけの寿司屋で話をしている掲載写真がカッコよく見えたわけで。(笑)
お寿司屋さんって表から中が見えないお店が多かったので、ガラッと開けてみるまで様子が分からないところが敷居が高くて、なかなか思い切って入れなかったのですな。いざ入ってみるとそんな事もなかったのですけどね。値段も時価なんて書いてあるとビビりましたしね。
何度か思い切って入ってみるとだんだん様子が分かるようになってきましたな。店構えで大体どれぐらいの予算で大丈夫だとか、そのお店の得意なものだとか、なじみ客の客筋だとかでお店のグレードが見えて来るという。お寿司屋さんって楽しいと思いました。
寿司職人さんが何人かいるような大衆寿司屋さんもよく行きました。若い連中と行くのならこういう店じゃないと、次から次へとよく食ってくれますからね、財布が持ちませんよ。(笑)
地元は漁港があって明石海峡を挟んで淡路島という、瀬戸内の魚が豊富で寿司屋さんが沢山ある街なので、お店に困ることはありません。この街に住んでる人なら誰でも知ってる、老舗の大衆寿司のお店は子供の頃からのなじみですし、手頃なお店から高級店まで一通り以上ありますな。居酒屋でもお寿司が当たり前にメニューにあったりします。そう思うと寿司屋デビューにはもってこいの街と言えるかもしれません。(笑)

L34841_blog
三宮の老舗のお寿司屋「やわら鮨」さん、入った事無くてもこの前を通った事が無い人は居ないはず。三宮の繁華街へ抜けるガード下にこの人形はいます。見たことあるでしょ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

造形美の誘惑、立体看板。

もうずいぶん前ですけど、3Dソフトにハマったことがありました。画面の中で立体物を作るというソフト。最初は外国のソフトで遊んでいたのですけど、国産のShadeの廉価版が出たとき、試しに買ってみてすっかり虜に。(笑)それまで使っていたのより、はるかに分かりやすくて使いやすかったので、夜な夜なモデリングしてましたな。Canon NewF-1を採寸してモデリングしたり、なんだか画面の中でプラモデルを作っている感じが楽しかったわけで。
ただその頃は作ったものを最終的にプリンターで一枚の絵として出力するしか出来ませんでした、つまり二次元の平面。今は3Dプリンターでリアルな三次元の立体物として出せるようになっています。思えばコレってスゴイ事ですな。(笑)
で、ここからが街歩きで出会った看板のオハナシ。看板って基本的に二次元の平面の世界、古い酒屋さんに掛かっているような、木の板にお酒の名前を立体的に彫り込んだ看板もありますけど、それでも板状であることに変わりはないわけで。ところが、完全に立体の造形物をそのまま掲げているという、看板というよりオブジェと言った方がいいようなものに出くわすことがあります。
もうね、どうやって作ったのか、何で出来ているのか気になる気になる。建物の壁面に取り付けてあるものなんて、老朽化して落ちてきたらどうすんのってところまで心配してしまいますな。(笑)看板ですからね、どこよりも目立って、遠くからでも分かるようにしたいという熱い気持ちが、立体看板にしてしまおうという結果に落ち着いたのか、その辺りは分かりませんけど、見てて楽しい事には変わりがありませんな。オジサン見つけたら必ず撮ってました、というか撮らずにいられない。(笑)そんなこんなで今まで撮ったものの中から選りすぐり、一緒に楽しんでいただければと。(笑)

L10235_blog

エリマキトカゲって人気がありましたな。それにあやかって海苔でエリマキを再現したところがアイデアの勝利かと。屋上のエリマキトカゲの造形も秀逸、撮ってくれと言わんばかりのポーズがそそるラーメン屋さんでした。

L14379_blog
わさび屋さんの立体看板。製作するに当たって図面を書くと思うのですけど、どんな風に書いたのかそっちの方が気になりましたな。こんなややこしい形、図面に書きづらいと思うのでね。(笑)

L14447_blog
帽子の形をした看板というより、ひさしなのですけどね、何だかオシャレな感じにそそられたわけで。美人ママがいるに違いないかと。(笑)

L15686_blog
トマトが看板と言うだけでイタリアンなお店に違いないと思ってしまいますな、なぜでしょうね。

L16740_blog
つり下がったコーヒーカップが目一杯自己主張していた喫茶店、待ち合わせの時も説明しやすいですな。「でかいカップぶら下がっとる店や」で通じますからね。(笑)

L20212_blog

L20202_blog
L20211_blog
飛び出し系立体看板3連発、いずれも高知市にて。高知って立体看板の宝庫でしたな。撮っても撮っても撮り飽きない。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

大損じゃなかったダイソンの掃除機。

_mg_8772_blog
昨年暮れの記事の中で、家内から掃除機と湯沸かしポットが、ボーナス出たら買い換えたい物リクエストに上がっていることを書きました。湯沸かしポットはともかく、掃除機選びにダイソンのホームページやAmazonでダイソンを検索して見ている姿にビビっていたわけで。結構お高いですからね。
今の掃除機を買ったときも、サイクロン掃除機なんていらないと、普通の紙パック式の掃除機を選んだ家内が、突然ダイソンなんて言い出したのは友達のアドバイスもあったみたい。オジサンのアドバイスは全然聞かないのに友達や、テレビで見ただとか、本に載ってただとかにすぐ影響受ける人。(笑)こうと決めたら即実行な人なので、量販店で実物を触ってきたり、カタログ貰ってきたりしてましたな。あ~コレはもう買うつもりだな~とオジサン覚悟を決めました。
一体いかほどするものなのか、密かに調べたりしてみたのですけどね、ダイソンの型番の付け方って分かりにくいですな、家内が狙っているのはハンディータイプのモノだったのですけど、Amazonで眺めていてもよく分かりませんでした。結局写真を撮りに出たついでに量販店で聞いてみて全容が分かったのですけどね。
今出てるのはモーターの違いでV6、V7、V8の3種類、バッテリーの保ちがそれぞれ20分、30分、40分、モーターの性能も数字が大きなものほど高いそう。後は使い勝手の部分が微妙に便利になってたり、音の大きさが違ったりするとの事でした。型番がややこしいのはアタッチメントの違いで細かくなっているからで、隙間ノズルだとか、先っちょにブラシの付いたのだとか、布団用だとか、その組み合わせや、そんなのが全部付いたモデルだとかでややこしい事に見えるだけだというのが分かりました。
早い話が立ち食いそば屋を思い浮かべてくれればいいかと、上にトッピングするもので、きつねになったり、天ぷらになったり、ハイカラになったり名前も変わります、あれと同じって事ですな。(笑)分かってしまえばこっちのモン、ただ最新モデルのV8は量販店のキャンペーンセールでも軽~く5万円越えでした。
さすがにこれはチョットお高過ぎ。家内がどれを選ぶかドキドキしていたのですけどね、最終的には必要なアタッチメントが付いている中の一番安いV6モデル24,500円也を注文してました、ちょっとホッとしましたな。(笑)
で、ある日帰ったら届いていたダイソンの掃除機、まだ使っていない内に記事用に写真を撮りたかったのですけどね、すでに使われてましたな、ゴミの溜まる透明の容器の中は綿ぼこりが、これじゃ写真撮れませんがな。(笑)
オジサンも早速使ってみましたよ、音は結構甲高くてデカイですな、気になる人にはかなりうるさいかと、赤ちゃんが寝てる横では起きちゃうかもしれません。オジサンは全然平気どころか「吸ったるぜ」って感じがして頼もしく思いましたけどね。
ちょっと重たいですけどハンディータイプなので、どこでもかけられてこれは便利。吸引力は結構すごいですな、今まで使っていた紙パックのとは雲泥の差、ブラシの付いたアタッチメントを付けてキーボードや机の上をかけてみましたけど、置きっぱなしにしていたもの吸い込まれてほこりまみれでくるくる、「ダイソン何してくれるねん、そこまで吸い込まんでええがな。」(笑)
年末はコレを片手にお掃除オジサンしてました、パソコンのファンに溜まったほこりもきれいサッパリ、吸い込んだゴミが目視できるのもイイ所、「お~こんなに取れたぜ」って感動できます。コレちょっとよかったかも、掃除が楽しくなりましたからね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

立ち飲み百景33 おばちゃんは酒場の管制官。

Img_5100_blog
今まで沢山の酒場で、お酒を飲んできました。オジサンは、ふらりと入ったお店でも気に入ってしまうと、続けざまに通ってしまう癖があるので、結構すぐに顔を覚えてもらえましたな。そうするとさらに楽しくなるという。
そんな数々のお店の中で、思い出に残るお店というのは必ずベテランのおばちゃんやオカアサンがいました。ややこしい酒飲み相手に、大将の仕事をがっちりサポート、お勘定の付け忘れもきっちりガード、グダグダに酔っぱらった客のお代わりはしっかりブロック、全方位目配り気配りが板に付いているベテラン中のベテラン。多分全く違う仕事に就いたとしてもそれなりのポジションに行けるだけの実力を持った仕事のできる方達かと。その仕事ぶりを眺めながら一杯やるのも楽しいひとときなわけで。
仕事帰りに酒場に集う酒飲みって皆さんわがままですからね、今日一日俺はこんなに働いてきたんだぜって、偉そうなオーラ出まくりの、「働き者の俺」に酒持って来いってな態度が鼻につく、小さい人間がほとんどな、面倒くさい世界。
お家では奥方の尻に敷かれて頭の上がらない、絵に描いたようなダメ亭主も酒場では偉そうなバカ殿、ややこしいですな。(笑)そんな酒飲みを日々相手にしているわけですから、心臓に毛が生えてなければやってられませんよ。
一杯やって調子よくなってしまったオトーサンの「ゆで卵もらうわ、コレ割れとるから安うしとってや。」の声にも「割る手間省ける分、高うつきまっせ」と全く取り合わない。
コンビーフに「マヨネーズたっぷりかけとってや」と言われれば、これでもかと言うぐらいたっぷりマヨだらけにして「どうぞ、体に悪いでっせ。」と酒飲みを完全に格下扱いしています。(笑)
ビールの空き瓶持って来て「もう一本ね。」って言われれば、「はいコレ、空き瓶は下のケースに片付けとって。」「お酒お代わりね」の声に「グラス持ってきてちょうだい。」何でも言えばやってくれると思ったら大間違い、酒飲みなら自分の酒は自分で運ぶぐらいの事しなさいよってのがルール、それも出来なくなるぐらい酔っぱらうなよって事。
なんだか怖そうに思うかもしれませんけどね、そうじゃないのですな、どうしようもない酒飲み相手だとこれぐらいが丁度いいわけで。見てると立ち飲みのおばちゃんやオカアサンに共通しているのは、みなさん酒飲みが大嫌いってところ。(笑)酔っぱらってクルクルパーなダメダメ人間ばかりですからね。昼間はお堅い仕事のオトーサンもお酒が入ればただのおバカ。デカイ声張り上げて、はしゃぐ姿にあきれ顔しかありません。酒飲みを好きになる理由がどこにも無いという。(笑)
でもかえってそれがいいのですな、絶妙のバランスといいますか。冷静に酒場を見回している管制官。嫌われない程度に飲んで帰るのが正しいテイクオフかと。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

雑音の中で記事を書く。

Img_5144_blog
仕事帰りにセルフの喫茶店で記事を書くことが多いオジサン。閉店までのつかの間のひとときに、集中して書き上げてしまうというのが、いつものパターン。
さっさとお家に帰って晩御飯食べて、お風呂に入ってからゆっくり書けばいいのにって思うかもしれませんけどね、違うのですな。お家だと後は寝るだけって安心感がかえってダメなわけで。ただ座っているだけで、全然はかどらないどころか、だんだんどうでも良くなってきて、寝てしまって翌日後悔しちゃうのですな。
ところがセルフの喫茶店だとそうは行きません。閉店時間という終りがあるので、それまでに何とかしてしまおうと思うとスゴク集中できますのでね。もうキーボード叩きまくりですよ。仕事では見せない集中力でどんどんはかどります。当然他にも沢山お客さんがいるので、話し声や雑音がいっぱい入ってくるのですけど、集中していると以外と気にならないどころか、記事を書きながら周りの人を観察する余裕まであったりします。人間集中しているときってすごいですな、時間が無いときの方が、何とかしようと脳味噌フル回転になるみたい。(笑)
で、周りを観察していると色々と面白いわけで。隣に座っていた、見るからにややこしそうなファッションの強面のおじさん、金髪にサングラスにピアスにデカイ指輪にロレックスなどう見てもそっち系。スマホの画面を見ながら何度も何度も舌打ち、メールだかLINEだかで話がこじれてややこしい事になっているのかもって思ったのですけどね、記事書いてる横でチッ、チッって何度も聞こえてきたらなんだか怖かったですな、そのうち電話で怒鳴り出すんじゃないかと、こっちは気が気でない状況で書いてましたけどね。
チラッと見えたスマホの画面はゲームでした。どうやら高得点が取れなくて舌打ちしていたみたい。可愛らしいゲームキャラが踊ってましたな。(笑)
向かいの席でおしゃべりに夢中になっていたおばあちゃん二人組の一人に電話が。スマホに慣れてないみたいで、うろたえながら出てましたけどね、ボリュームを上げているのか通話が全部丸聞こえ。
どうやら帰ってこないおばあちゃんに娘さんから怒りの電話みたい。かなりお怒りの様子なのがはっきり聞こえてきました。
「こんな時間まで、帰ってこおへんかったら心配すんの分からへんのっ!」おばあちゃん必死で謝ってましたけどね、
「それやったらそれで、ちゃんと連絡してって、いっつも言ってるやないのっ」
後ろではお孫さんらしき子供の声で、「おばあちゃん、見つかったん?」なんてのまで聞こえてました。
「ごめんなさい、すぐ帰るから、ごめんなさい。」何度も謝ってましたけど娘さんの怒りは収まらないみたいでしたな。聞くつもりはないのですけど他のお客さんも耳ダンボ。帰ってからのおばあちゃんの身の上が心配になりますからね。(笑)
他にも見るからに水商売なお姉さん二人が、何とかこの世界から足を洗う話だとか、爺さんグループの若かりし頃の武勇伝だとか、どこの国の人か分からない外国人の甲高い話し声だとか雑音だらけ。
そんな中で記事を書き続けるオジサンも周りから見ればおかしなオッサン。閉店間際のセルフの喫茶店はおかしくて面白い空間になっています。以外と記事が書けてしまうのが不思議なのですけどね、でも書けちゃうのですな。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«実は多色ボールペン好き、ゼブラ「サラサ」シリーズ